« 国産ロボでリハビリの臨床試験 全国10病院で3月から | トップページ | 熱膨張しない金属「インバー合金」のインバー/逆インバー特性の起源を解明 »

2013年2月13日 (水)

レアプラントの自給を目指す植物培養テクノロジー

2013年2月6日 Science Channel
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。
 
---------------------------------------
 レアプラントと呼ばれ、増やす事が
難しい植物種の中でも漢方薬の材料となる
薬用植物は生産地が偏っている事もあり、
供給面での不安定さを抱えています。
 
 そこで、植物細胞の培養技術である
光独立栄養培養を挿し木に応用して、
従来では難しかった植物種の培養技術を
日本の製紙メーカーが開発し、薬用植物の
生産に役立てようとしています。
---------------------------------------
 
 レアプラントね~
 植物も希少植物というのがあるんですね。
 薬の原料になるものなどがそう。
 
 光独立栄養培養、良さそうです。
 期待したい。

|

« 国産ロボでリハビリの臨床試験 全国10病院で3月から | トップページ | 熱膨張しない金属「インバー合金」のインバー/逆インバー特性の起源を解明 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56757442

この記事へのトラックバック一覧です: レアプラントの自給を目指す植物培養テクノロジー:

« 国産ロボでリハビリの臨床試験 全国10病院で3月から | トップページ | 熱膨張しない金属「インバー合金」のインバー/逆インバー特性の起源を解明 »