« 腫瘍溶解性ウイルスJX-594が肝細胞がん患者の生存期間を延長 | トップページ | 細胞培養シートの角結膜移植を先進医療Bに- 厚労省部会 »

2013年2月27日 (水)

レーザーで脳血栓溶解 浜松医大など、脳梗塞の新治療法目指す

2013/2/25 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 浜松医科大学の梅村和夫教授と
浜松ホトニクスは、脳の血管にできた
血の塊(血栓)をレーザーで溶かす技術を
開発した。
 
 血栓に吸収されやすい波長のレーザーを
当て、細い動脈にできた血栓を集中的に
壊して取り除く。
 
 動物実験で有効性を確かめた。
 
 脳梗塞の新しい治療技術として実用化
を目指す。
---------------------------------------
 
 治療の選択肢が増えそうです。
 
 今までは、tPAという薬の投与が
最善だったですね。
 カテーテルを使用してというのも
あるようですが、、

|

« 腫瘍溶解性ウイルスJX-594が肝細胞がん患者の生存期間を延長 | トップページ | 細胞培養シートの角結膜移植を先進医療Bに- 厚労省部会 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56851061

この記事へのトラックバック一覧です: レーザーで脳血栓溶解 浜松医大など、脳梗塞の新治療法目指す:

« 腫瘍溶解性ウイルスJX-594が肝細胞がん患者の生存期間を延長 | トップページ | 細胞培養シートの角結膜移植を先進医療Bに- 厚労省部会 »