« 新しい“横綱がん遺伝子”RACを発見 | トップページ | ビフィズス菌発酵乳を飲むと皮膚の水分保持機能が向上する -ヤクルトが解明 »

2013年2月 8日 (金)

本当にイカは飛ぶ

2013年2月8日
サイエンスポータル編集ニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 北海道大学・北方生物圏フィールド科学
センターの山本潤・助教らの研究グループ
が、イカが水面から飛び出して着水する
までの一連の様子を連続写真で撮影する
ことに成功した。
 
 詳細なイカの飛行行動を明らかにした
のは世界でも初めて。
 
 研究結果をまとめた論文はドイツの
科学雑誌「マリン・バイオロジー
(Marine Biology)」に5日掲載された。
 
 イカの飛行は2011年7月25日、北海道大学
水産学部付属の練習船「おしょろ丸」で
千葉県の東方約600キロメートルの
北西太平洋を実習航海中に観察された。
 
 船首波で驚いたと考えられる約100匹の
イカの群れが2回水面から飛び出し、
着水までの様子を北海道大学大学院水産
科学院(修士課程2年)の村松康太さんと
国際基督教大学大学院アーツ・サイエンス
研究科の研究員で、鯨類研究家の
関口圭子博士が撮影した。
 
 これらのイカは「アカイカ」か
「トビイカ」とみられ、連続写真を解析
した結果、飛行行動は、次の4段階に
分類できることが分かった。
 
1.飛び出し:外套膜(がいとうまく)内に
  吸い込んだ水を「漏斗(ろうと)」と
  呼ばれる噴出口から水を勢いよく
  吐き出して、水面から飛び出す。
  このときの姿勢は、水の抵抗を小さく
  するように、ヒレを外套膜に
  巻き付け、腕もたたむ。
 
2.噴射:水を漏斗から噴射し続けて空中
  でも加速し、さらに揚力を得るために、
  ヒレと腕、腕の間にある保護膜を
  “翼”のような形にする。
  空中の飛行速度は8.8-11.2メートル毎秒
  に達する。
 
3.滑空:水の噴射が終わると、腕とヒレを
  広げた状態で滑空する。
  ヒレや腕と保護膜の“翼“を使い、体を
  進行方向に向かってやや持ち上げた姿勢
  (ピッチ・アップ)で、バランスを取る。
  外套膜は緊張状態を保ち、体の前後
  (ヒレと腕)にかかる揚力に耐えて、
  空中姿勢を安定させている。
 
4.着水:ヒレを外套膜に巻き付けて腕を
  たたみ、進行方向に対してやや
  下がった姿勢(ピッチ・ダウン)を取る。
  これにより着水時の衝撃を小さく
  させている。
 
イカは海中では、捕食者などの接近を
感じた際に、漏斗から水を何度も噴出し、
できるだけ早く危険から逃避する。
 特に筋肉が発達した外洋性の数種類の
イカは、勢いよく水面から飛び出すこと
が知られ、“イカが空を飛ぶ”として、
世界各地で目撃されてきた。
 
 しかし単なる“水面からの飛び出し”
なのか、本当に“飛ぶ”のかは不明
だった。
 
 今回の研究で、イカは高度に発達した
飛行行動を持つことが分かったという。
---------------------------------------
 
 面白い。
 
>イカは飛ぶ
 
 いろいろ知らなかったことが出て
きますね。
 
 興味深いです。
 関連リンクです。
2013/2/7
北海道大学プレスリリース

|

« 新しい“横綱がん遺伝子”RACを発見 | トップページ | ビフィズス菌発酵乳を飲むと皮膚の水分保持機能が向上する -ヤクルトが解明 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56722552

この記事へのトラックバック一覧です: 本当にイカは飛ぶ:

« 新しい“横綱がん遺伝子”RACを発見 | トップページ | ビフィズス菌発酵乳を飲むと皮膚の水分保持機能が向上する -ヤクルトが解明 »