« 南海トラフではマグニチュード9の地震は起きない? | トップページ | 原発の新安全基準骨子で意見公募 7日から »

2013年2月 6日 (水)

ピロリ除菌の保険拡大へ 厚労省、胃がん発症減も

2013/2/2 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 胃の粘膜に感染して胃がんなどを
引き起こすピロリ菌の感染による
慢性胃炎について、除菌治療が保険診療
として認められる見通しになったことが
2日までに分かった。
 
 ピロリ菌の除菌は胃がん予防に
大きな効果があるとされているが、
慢性胃炎からさらに進んで胃潰瘍などに
なるまでは保険適用されなかった。
 
 対象拡大で胃がんの発症者数を大幅に
減らせる可能性がある。
 
 1月31日に開催された厚生労働省の
専門部会が、症状の軽い患者でも除菌で
胃炎が改善するとの研究結果を確認、
除菌に必要な複数の薬剤の適用範囲を
広げることを認めた。
 
 近く、呼気検査などによるピロリ菌感染
と内視鏡での胃炎の確認だけで、
除菌が保険適用されるようになる。
---------------------------------------
 
 良いことです。
 厚労省は保険適用にいたく慎重ですが、
医療費の削減になると思うのだけれど、
どうでしょう?
 
 どうして予防的な観点での見直しを
しないのだろう?
 予防によって患者数全体が減少
すれば総医療費は必ず減少する。
 
 自分の政権下で効果が出ないと
実行しないのでは変わらない。
 
 どうして超党派で変わらない政策
というものを実行しようとしないのか?
 
 真に必要な政策というものがある。
 しかも時間がかかる政策が、

|

« 南海トラフではマグニチュード9の地震は起きない? | トップページ | 原発の新安全基準骨子で意見公募 7日から »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56709086

この記事へのトラックバック一覧です: ピロリ除菌の保険拡大へ 厚労省、胃がん発症減も :

« 南海トラフではマグニチュード9の地震は起きない? | トップページ | 原発の新安全基準骨子で意見公募 7日から »