« かむことで注意力と判断速度が向上 | トップページ | アナゴの習性ヒントに高分子材料研究 »

2013年2月10日 (日)

まるでネコ! アブラムシに足から着地する能力、確認

2013年2月7日 朝日新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 【小坪遊】逆さまに落とされても、
脚でしっかり着地――。
 
 そんなネコのような能力がアブラムシ
にもあることを、イスラエルの研究チーム
が発見し、米科学誌カレントバイオロジー
に発表した。
 
 チームはマメ類に寄生するアブラムシ
(体長4ミリ程度)を20センチの高さ
から落としたところ、95%が脚から
着地することを発見。
 
 ピンセットでつまんで背を下にして
落とす実験でも、20匹のうち19匹が
脚から着地した。
 死んだアブラムシでは52%、
脚を切ったアブラムシは28%だった。
---------------------------------------
 
 面白い研究があるものですね。
 アブラムシを逆さまに落とすなんて、
 
 どういう意味を持っているのかな?
 たいした能力と言えばそうだけれど、

|

« かむことで注意力と判断速度が向上 | トップページ | アナゴの習性ヒントに高分子材料研究 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56735703

この記事へのトラックバック一覧です: まるでネコ! アブラムシに足から着地する能力、確認:

« かむことで注意力と判断速度が向上 | トップページ | アナゴの習性ヒントに高分子材料研究 »