« 想定外を生き抜く力~ 大津波から生き抜いた釜石市の児童・生徒の主体的な行動に学ぶ ~ | トップページ | 患者さん由来 iPS 細胞でアルツハイマー病の病態を解明 »

2013年2月26日 (火)

たばこの煙のPM2.5「中国並み」 専門家、対策訴え

2013年02月23日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
 日本癌学会など18学会でつくる
学術グループが対策を訴えており、
喫煙可能な喫茶店でのPM2.5のレベル
は、日本の1日平均の環境基準である
35マイクログラムを大きく上回るそう
です。
 
 問題ですね。
 
 気になるのは、PM2.5という単位の
ひとくくりで良いのでしょうか?
 
 どんな種類のものでも、同程度の有害性
を持っているものでしょうか?
 
 PM2.5が花粉に付着することで花粉が
破裂し、花粉症になる範囲を拡大させる
とかいう話は聞きましたが、
 
 多分違いはあるはず。
 
 ディーゼルエンジンが排出するものとか、
 石炭を燃やしたときに排出するものとか、
 たばこの煙とか、いろいろある。
 
 はっきりさせて貰いたいものです。
 統計データがないかな?
 
 たばこの有害性は言われていますが、
 
 関連記事です。
2013/2/21
 

|

« 想定外を生き抜く力~ 大津波から生き抜いた釜石市の児童・生徒の主体的な行動に学ぶ ~ | トップページ | 患者さん由来 iPS 細胞でアルツハイマー病の病態を解明 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56844512

この記事へのトラックバック一覧です: たばこの煙のPM2.5「中国並み」 専門家、対策訴え:

« 想定外を生き抜く力~ 大津波から生き抜いた釜石市の児童・生徒の主体的な行動に学ぶ ~ | トップページ | 患者さん由来 iPS 細胞でアルツハイマー病の病態を解明 »