« オートファジーが染色体を安定化するしくみの解明 - 栄養欠乏条件下での細胞分裂にはタンパク質の分解と再利用が重要 - | トップページ | 太陽両極の磁場異変を確認 »

2013年2月 5日 (火)

こわばる筋肉、改善に道 脳卒中のまひ、リハビリ効果向上

2013年2月 5日
朝日新聞 apital
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
>【武田耕太】 脳卒中の後、手足などに
>まひが残ることがある。
>いったん症状が固まると、リハビリ
>をしても改善は難しいと考えられて
>きた。
>最近は、ボツリヌス菌の成分を注射
>したり、磁気刺激を使ったりして、
>リハビリの効果を上げる治療法が
>広がり始めている。
 
---------------------------------------
 長野県安曇野市に住む阿部正男さん
(62)は2005年9月、脳出血
になり、右半身にまひが残った。
 
 右手は指が握ったままの状態になった。
ものをつかむことも難しい。
 手を開けないので洗えず、夏場は汗と
においで不快だった。
 
 まひと一緒に出てくることが多い症状
で、痙縮(けいしゅく)という。
 筋肉が緊張し過ぎて手足が動かし
にくくなる状態などをいい、脳卒中の
4割に起きるとの報告もある。
 
 昨夏、相澤病院(松本市)を受診。
 ボツリヌス菌が作り出す天然の
たんぱく質を成分とする
「ボトックス注射」を右の手や腕に
してもらい、集中的なリハビリをした。
 手が少しずつ開き、手が洗えるぐらい
までに改善した。
 
 右足にも注射。
 筋肉の緊張が和らぎ、足を踏み出す
のが楽になった。
 「ここまで回復するとは思いません
でした」
---------------------------------------
 
 今日の朝日新聞記事の紹介です。
 
 リハビリは永遠のテーマだと思います。
 
 少しずつですが進歩して来ているよう
です。
 
 以前、下記の投稿をしました。
2012年6月20日
 
 この記事も素晴らしいと思いましたが
 今回の記事も良さそうです。
 
 リハビリの技術が進歩するのは素晴らしい
ことです。
 
 今回紹介されていたページは、
です。
 
 なかなかよさそうですが、鹿児島大学
は入っていないようです。
 
 このあたりの技術のネットワークは
どうなっているのでしょうか?
 良いものであれば日本全国に広めて
欲しい。
 
 必要とする人達に日本全国どの地域でも
受けられるようにして欲しいものです。

|

« オートファジーが染色体を安定化するしくみの解明 - 栄養欠乏条件下での細胞分裂にはタンパク質の分解と再利用が重要 - | トップページ | 太陽両極の磁場異変を確認 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56702729

この記事へのトラックバック一覧です: こわばる筋肉、改善に道 脳卒中のまひ、リハビリ効果向上:

« オートファジーが染色体を安定化するしくみの解明 - 栄養欠乏条件下での細胞分裂にはタンパク質の分解と再利用が重要 - | トップページ | 太陽両極の磁場異変を確認 »