« 「燃える氷」採取、愛知県沖で開始 探査船・ちきゅうが試験 | トップページ | ピロリ除菌の保険拡大へ 厚労省、胃がん発症減も »

2013年2月 6日 (水)

南海トラフではマグニチュード9の地震は起きない?

2013年2月4日 scienceportal
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 日本学術会議が1日、
都心で学術フォーラム
「自然災害国際ネットワークの構築に
向けて:固体地球科学と市民との対話」
を開いた。
 
 各報告者の持分は20分。
 できるだけ多くの研究者が話し、
固体地球科学と社会のつながりを理解して
もらう。
 時間が短いので報告者は本当に言いたい
ことだけ話す―。
 主催者側の意図が会場の参加者たちにも
よく分かるフォーラムに見えた。
 
 一昨年3月11日の東北地方太平洋沖地震
は、名前からして大半の地震学者たちに
とって想定外だったことをうかがわせる。
 
 茨城から福島、宮城、岩手県の
太平洋沿岸でマグニチュード(M)9のような
巨大地震が起きることを予測していた
地球科学者は、津波による堆積物を丹念に
調べていたごく一部の地質学者くらいしか
いなかったのではないだろうか。
 
 地震が起きてからいろいろ解説する
研究者は多いが、これまで一般の人を
納得させるような説明がなされているか
疑わしい。
 
 例えば、同じ日本海溝沿いなのになぜ
三陸沖だけでM8級の大きな地震が頻繁に
発生し、福島、茨城沖になると少なかった
のか、といった疑問を持つ人々は多いと
思われる。
 
 このような観点からみると、
池田安隆・東京大学大学院地球惑星科学
専攻准教授の「超巨大地震のテクトニクス」
と題する報告が非常に分かりやすかった。
 
 「過去100年間に起きたM7-8
海溝型地震は、東北地方のひずみ解放には
寄与していない」。
 
 池田氏の指摘に、まず驚いた聴衆が多い
のではないだろうか。
 
 過去100年といえば「昭和三陸地震」
(1933年、M8.1-8.4)、十勝沖地震
(1968年、 7.9。十勝沖というけれど
震源域は三陸沖北部)、三陸はるか沖地震
(1994年、M7.6)といった地震が含まれる。
 
 太平洋プレートの沈み込みによって蓄積
されていたひずみは、これらの地震に
よって少なくとも宮城県や岩手県の
沿岸一帯では相当解消された、と研究者
たちの多くが見ていたのではないだろうか。
 
 ところが、池田氏によると、東北地方で
地質学的に観測されるひずみの速度
(地質学的に確認されるひずみ量)は、
測地学的に観測されるひずみ速度より一桁
も小さい。
 
 これは過去100年で起きた大きな地震
によっても解放されていない大きなひずみ
が残っていることを意味する。
 
 今回の東北地方太平洋沖地震は、
東北日本の沈み込みプレート境界の
深さ50-100キロのところにある固着面全体
が滑ったもので、これによってひずみが
解放された、ということだ。
 
 深さが50-100キロというのは、
プレート境界では非常に深い区域を意味
する。
 
 興味深いのは、沈み込む海底プレートの
地下50-100キロに固着面があるというのは、
東北日本の特徴であって、それは沈み込む
太平洋プレートがとりわけ長い距離を移動
してきたため長い時間をかけて十分に
冷やされているから、ということで
説明可能という。
 
 次に海溝型巨大地震が起きるのではと
心配されている南海トラフは、年代の若い
フィリピン海プレートの沈み込み帯だから、
東北日本のように深さ50-100キロの固着面
はない。
 
 従って、東海、東南海、南海地震が連動
して発生することはあってもM9のような
超巨大地震は起きないだろう、というのが、
池田氏の見立てだ。
 
 こうした見方が一般市民にあまり
知られていないと思われるのは、地震の
発生予測の議論に地質学者の発信が
少なかったからではないだろうか。
 
 次に心配されている南海トラフでの
地震対策で、最も大きな地震を想定する
ことに異論ある人はいないだろう。
 
 同時に、最悪のケースが何かということ
について地球科学者同士のさらなる議論を
求める人もまた多いと思われるが、
どうだろう。
---------------------------------------
 
 そうですね。
 
 欲を言えば、マスコミがこういう
フォーラムなどを積極的に取材し、報道
する必要があるのではないでしょうか?
 
 その意味でこの記事は評価したい。
 
 大地震は大きく見れば確かにプレートの
沈み込み量に比例するはずだから、
どの位沈み込んだのかを正確に把握すれば
どの程度のひずみがたまっているのか?
その後の地震でどの程度解放されたのか
がわかるはず。
 
 予想外だったで済まされても困る。
 簡単な疑問に答えて欲しい。
 単なる解説だけでは心許ない。
 
 地震発生に関しては、もっと広く
地質学者も含めていろいろな学者を
総動員して議論して貰いたい。
 
 どうも個々の学会だけで議論して
それで終わってしまっているように
思える。
 
 それでは困る。
 
 本当に困るのは、地震を受ける人たちで
学者ではないのです。
 
 被害を最小に留める為に、
  ・最悪のケースは?
  ・その為の備えは?
 という疑問にしっかりした答えを発信
してください。

|

« 「燃える氷」採取、愛知県沖で開始 探査船・ちきゅうが試験 | トップページ | ピロリ除菌の保険拡大へ 厚労省、胃がん発症減も »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56708694

この記事へのトラックバック一覧です: 南海トラフではマグニチュード9の地震は起きない?:

« 「燃える氷」採取、愛知県沖で開始 探査船・ちきゅうが試験 | トップページ | ピロリ除菌の保険拡大へ 厚労省、胃がん発症減も »