« がん化しにくい多能性細胞を作製 熊本大、乳酸菌で | トップページ | 「手抜き除染」横行、川に投棄 »

2013年1月 4日 (金)

がん細胞を殺すT細胞をiPS細胞化し若く元気なT細胞に再生

平成25年1月4日
理化学研究所プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 がんに対する免疫療法が、iPS細胞を
利用することで劇的に変わる可能性が出て
きました。
 
 免疫・アレルギー科学総合研究センター
の研究グループはがん抗原を認識できる
T細胞からiPS細胞を作製、さらにこの
iPS細胞から抗がん能力をもつ大量の
T細胞を取り作り出すことに成功しました。
 
 がん患者の体内には、がんを見定めて
殺す能力をもつキラーT細胞が、
ごくわずかですが存在します。
 
 現行のがんの免疫療法は、そのT細胞を
刺激し増殖させて働かせるというもの
ですが、T細胞の数がもともと少ない上に、
刺激を受けて増殖したT細胞も、寿命が
短く効果が長続きしないという問題が
ありました。
 
 そこで、研究グループは、このような
状況を打破するために研究に取り組み
ました。
 
 まず、ヒト悪性黒色腫に特有のがん抗原
を認識できるT細胞からiPS細胞を作製
しました。
 
 T細胞の反応性は、T細胞レセプター
(受容体)を発現するかどうかで決まり、
その遺伝子はゲノム中のレセプター遺伝子
の断片を切り貼りすることによって
つくられたものです。
 
 T細胞からiPS細胞を作製する場合、
切り貼りされた遺伝子の情報も
引き継がれるので、iPS細胞からT細胞を
分化させると、元のT細胞と同じ反応性の
T細胞ができます。
 
 研究チームがiPS細胞からT細胞を
分化誘導したところ、生成したT細胞の
ほとんど全てが、元のがん抗原を認識
できるT細胞レセプターを発現し、
がん抗原に反応しました。
 
 すなわち、がん細胞に反応できる元気な
T細胞を大量につくることができた
わけです。
 
 がんの免疫細胞療法の障壁となっている
T細胞の数の少なさ、寿命の短さという
問題点を解決できる可能性を示したもの
で、今後のがん免疫療法の開発に大きな
インパクトを与えそうです。
 
 
---------------------------------------
 
 素晴らしいです。
 最近免疫療法に関する新たな進展が
多く見られて心強い限りです。
 
 同様の実験に東大の中内教授らのチーム
も成功したとのことで、素晴らしいです。
 
 iPS細胞、意外なところに応用できそうで
 大いに期待できそう。

|

« がん化しにくい多能性細胞を作製 熊本大、乳酸菌で | トップページ | 「手抜き除染」横行、川に投棄 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

確かに免疫細胞の一種のT細胞は寿命が短いという欠点があり,iPS細胞技術によって,がん抗原を認識できるレセプターを持ったT細胞が大量につくれるということは朗報です。しかし,がん患者の体内における免疫抑制という課題をクリアしないといくら免疫細胞の数を増やしても効果は限定されてしまいます。がん患者の体内では強い酸化力により,免疫細胞の活性化も失われます。それだけでなく,血液中のミネラルも不足しているなど,免疫力を抑制するいくつもの要因があると考えます。免疫治療はある意味東洋医学的な方法ともいえます。ならば,一面だけでなく,あらゆる側面から改善策を考えていかなくてはならないと思います。

投稿: 免疫細胞療法@克次 | 2013年4月27日 (土) 01時27分

コメントありがとうございます。
そうですね。発表は良いことしか書きませんから実際どの程度効果的なことなのか正確にはわかりませんね。
とは言いながら、どのみち免疫療法はQOLを高く保てるし、患者の負担も軽く、有効な治療法だと思っています。
技術は進歩していますので、期待しています。

投稿: haredasu | 2013年4月27日 (土) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56466559

この記事へのトラックバック一覧です: がん細胞を殺すT細胞をiPS細胞化し若く元気なT細胞に再生:

« がん化しにくい多能性細胞を作製 熊本大、乳酸菌で | トップページ | 「手抜き除染」横行、川に投棄 »