« - 次世代バイオ・リサイクル燃料「バイオコークス」- 近畿大学と(株)ナニワ炉機研究所、新型製造機を開発 連続生成で生産能力4倍に、省電力化も実現 | トップページ | 今年も来年もバイオは変化の年に【日経バイオテクONLINE Vol.1826】 »

2013年1月 5日 (土)

タイ初のタピオカ残渣からのバイオエタノール製造技術実証

2012年12月17日
独立行政法人
新エネルギー・産業技術総合開発機構
プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 NEDOは、タイ王国において
キャッサバイモからデンプンを抽出した後
の残渣(タピオカ残渣)から
バイオエタノールを製造する技術の
実証事業に着手します。
 
 日本で技術開発された高温発酵酵母を
用い、年産80klのバイオエタノール製造能力
を有するパイロットプラントの製造技術の
有効性を実証。
 
 タイ全土、さらにはキャッサバの栽培を
行っているASEAN(東南アジア諸国連合)
地域への普及を目指します。
 
 この事業の着手にあたり、NEDOと
同国科学技術省国家イノベーション庁
(NIA)は、基本協定書(MOU)を締結
しました。
---------------------------------------
 
 この実証事業も良さそうです。
 
>本実証の成果を用いて、同国において
>排出されるキャッサバパルプの総量
>である年間190万トン
>(2010年実績、風乾物)を
>バイオエタノールに変換した場合、
>年間約62万kl (1,700 kl/日)の製造が
>可能となります。
 
>同国では、2022年のエネルギー使用量
>に占める代替燃料割合の目標を20.3%
>としており、このうちバイオエタノール
>製造目標として9,000 kl/日を掲げている
>ことから、本技術が同国代替エネルギー
>目標の達成に資するものと考えられます
 
>(2011年時の製造能力:1,300 kl/日、
>DEDE)。
 
 計画通り行くと良いですね。

|

« - 次世代バイオ・リサイクル燃料「バイオコークス」- 近畿大学と(株)ナニワ炉機研究所、新型製造機を開発 連続生成で生産能力4倍に、省電力化も実現 | トップページ | 今年も来年もバイオは変化の年に【日経バイオテクONLINE Vol.1826】 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56473542

この記事へのトラックバック一覧です: タイ初のタピオカ残渣からのバイオエタノール製造技術実証:

« - 次世代バイオ・リサイクル燃料「バイオコークス」- 近畿大学と(株)ナニワ炉機研究所、新型製造機を開発 連続生成で生産能力4倍に、省電力化も実現 | トップページ | 今年も来年もバイオは変化の年に【日経バイオテクONLINE Vol.1826】 »