« 経口抗がん剤で生存率向上 膵臓手術後に使用 | トップページ | (ニュースQ3)小学校のかけ算 えっ?順序が違うと「バツ」 »

2013年1月25日 (金)

学術院医学群 免疫学 田村智彦教授らの研究グループが、体の免疫やがんの増悪化に関与する細胞 「単球」 のできる仕組みを解明!

平成25年1月17日 横浜市立大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 横浜市立大学学術院医学群免疫学の
田村智彦教授や黒滝大翼
(くろたきだいすけ)助教らの研究グループ
は米国国立衛生研究所と共同で、
全ゲノム規模解析手法や
バイオインフォマティクス(*1)を駆使
して転写因子IRF8とKLF4による単球産生の
分子メカニズムを解明しました。
 
 本研究成果は米国の科学雑誌『Blood』
(平成25年1月14日オンライン版)に
掲載されます。
 
 
-------
☆研究成果のポイント
・単球と呼ばれる免疫細胞の分化・産生
 には、転写因子(*2)IRF8と、そのIRF8
 によって発現が誘導される別の転写因子
 KLF4が必須であることを発見
 (IRF8-KLF4転写因子カスケードの発見)
 
・IRF8が単球分化の際にエピジェネティック
 (*3)な制御を行うことを初めて示した
 
・単球は生体防御に重要である一方、
 がんや自己免疫疾患、動脈硬化の増悪
 にも関与することが知られており、
 今回解明した単球産生における
 IRF8-KLF4転写因子カスケードを制御
 することにより、疾患の新たな治療戦略
 の開発が期待される
---------------------------------------
 
 今回の研究も免疫システム関連です。
 
 単球(Monocyte)は
・単核白血球とも呼ばれる。
ようです。
 
 単球については下記のリンクを見て
ください。
 
 この情報によると単球→マクロファージ
となるようです。
 マクロファージは貪食細胞として
知られていますね。
 
 外敵はマクロファージによって取り
込まれ抗原提示が行われる。
 この抗原提示を例のT細胞が認識し、
免疫を活性化させることになる。
 
 というような過程をへて免疫システムが
動き出すことになります。
 
 この一連の働きの中の「単球産生の
分子メカニズムを解明」したという
のが今回の研究成果のようです。
 単球の産生を制御できれば新たな
治療戦略になり得ると、

|

« 経口抗がん剤で生存率向上 膵臓手術後に使用 | トップページ | (ニュースQ3)小学校のかけ算 えっ?順序が違うと「バツ」 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56623803

この記事へのトラックバック一覧です: 学術院医学群 免疫学 田村智彦教授らの研究グループが、体の免疫やがんの増悪化に関与する細胞 「単球」 のできる仕組みを解明!:

« 経口抗がん剤で生存率向上 膵臓手術後に使用 | トップページ | (ニュースQ3)小学校のかけ算 えっ?順序が違うと「バツ」 »