« 石炭ガス化発電、福島の復興に活用 東大特任教授の金子氏に聞く | トップページ | 経口抗がん剤で生存率向上 膵臓手術後に使用 »

2013年1月24日 (木)

ヒトiPSから腎臓細胞 京大、新治療法に道

2013/1/23 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 京都大学iPS細胞研究所の長船健二
准教授らはヒトのiPS細胞から腎臓の
細胞を作ることに成功した。
 
 腎臓の様々な細胞のもととなる
「中間中胚葉」と呼ぶ細胞を効率よく作る
方法を開発し、腎臓の細胞に育てた。
 
 腎不全や人工透析が必要な重症患者に、
腎臓の細胞や組織を移植して機能回復を
目指す新たな再生医療実現の足がかり
となる成果だ。
 
 英科学誌
ネイチャー・コミュニケーションズ
(電子版)に23日掲載される。
---------------------------------------
 
>中間中胚葉を培養し、約2週間後に腎臓
>で重要な器官である「糸球体」や
>「尿細管」の細胞に成長させた。
>さらに中間中胚葉をマウスの胎児の
>腎臓細胞とともに培養すると、一部が
>管状になった。
>今後研究が進めば、尿細管の立体構造
>をすべて再現できる可能性もある。
 
 素晴らしい成果のようです。
 
 今後の進展に大いに期待したい。
 
 最近iPS細胞の研究活発ですね。
 心強いです。

|

« 石炭ガス化発電、福島の復興に活用 東大特任教授の金子氏に聞く | トップページ | 経口抗がん剤で生存率向上 膵臓手術後に使用 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56612295

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトiPSから腎臓細胞 京大、新治療法に道:

« 石炭ガス化発電、福島の復興に活用 東大特任教授の金子氏に聞く | トップページ | 経口抗がん剤で生存率向上 膵臓手術後に使用 »