« iPSを医療に応用、薬効の個人差確認…理研 | トップページ | ミドリムシを主原料とするバイオプラスチックを開発 »

2013年1月10日 (木)

iPS細胞を利用した移植:拒絶反応なく定着

平成25年1月10日
独立行政法人 放射線医学総合研究所
独立行政法人 科学技術振興機構
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 独立行政法人 放射線医学総合研究所
(以下、放医研) 研究基盤センター
荒木 良子 室長、安倍 真澄 特別上席
研究員らの研究チームは、鶴見大学 歯学部
二藤 彰 教授らとの共同研究において、
iPS細胞とES細胞の免疫原性注2)
について解析を行い、両者に差がないこと
を明らかにしました。
 
 この成果は、英国科学雑誌
「Nature」オンライン版に
2013年1月10日3時(日本時間)に
掲載される予定です。
 
 iPS細胞は、拒絶反応が生じない
移植医療を提供できる夢の細胞として注目
されています。
 
 しかしながら、2011年5月、
米国の研究チームは、マウスiPS細胞を
元のマウスに移植すると、免疫反応が誘導
され、移植細胞が拒絶されたという
研究結果を報告しました。
 
 この報告により、iPS細胞が本当に
ES細胞と同様の性質を持っているのか、
改めて慎重に調べ直す必要性が指摘
されました。
 
 このような状況の中、当研究チームは、
高品質のiPS細胞およびES細胞を
同系マウスより多数樹立し、
iPS細胞・ES細胞由来の皮膚および
骨髄細胞を用いて同系移植注3)実験を
行いました。
 
 その結果、両細胞群ともに、免疫反応は
ほとんど誘導されず、生じても極めて軽微
であることを明らかにしました。
 
 本研究は、完全に分化した細胞を用いる
場合には、拒絶反応を考慮する必要性が
ないことを示しました。
 
 本成果によりiPS細胞利用研究を
加速するものと考えられます。
 
 なお、本研究の一部はJST 戦略的
創造研究推進事業 個人型研究
「さきがけ」の支援を受けました。
---------------------------------------
 
>本研究成果により、iPS細胞も、
>自家移植の場合に拒絶を考慮する必要が
>ないことが示され、臨床応用の前提条件
>が確認できたといえます。
>このことにより、iPS細胞を利用した
>治療、例えば、重度の放射線障害
>のように、骨髄の機能不全により
>血液細胞の減少が生じ、感染症や出血が
>原因で死に至る場合への血液の細胞の
>再生による治療などの応用が期待
>されます。
 
 素晴らしい結果だと思います。
 
 ますますiPS細胞の重要性が
高まりました。

|

« iPSを医療に応用、薬効の個人差確認…理研 | トップページ | ミドリムシを主原料とするバイオプラスチックを開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56510351

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞を利用した移植:拒絶反応なく定着:

« iPSを医療に応用、薬効の個人差確認…理研 | トップページ | ミドリムシを主原料とするバイオプラスチックを開発 »