« タバコを吸いたい気持ちを自己制御する2つの脳部位を発見 | トップページ | 直流磁場から交流電圧を生み出す機構を発見(お知らせ) »

2013年1月31日 (木)

ハンディ燃料電池システムを開発

2013年1月28日
産業技術総合研究所プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
ポイント
・内部改質機能を持つようにナノ構造を
 制御した電極を開発し、急速起動を実現
 
・LPGなど汎用的で持ち運びの容易な
 炭化水素燃料の直接利用が可能
 
・災害・非常時用やアウトドア用の
 電源への応用に期待
 
 
-------
概要
 独立行政法人 産業技術総合研究所
(以下「産総研」という)
先進製造プロセス研究部門
機能集積モジュール化研究グループ
藤代 芳伸 研究グループ長、
山口 十志明 主任研究員、
鷲見 裕史 研究員
は、持ち運びできるハンディ燃料電池
システムを開発した。
 
 このシステムは、マイクロチューブ固体
酸化物形燃料電池(SOFC)を用いているが、
電極の構造をナノレベルで制御すること
によって、LPGなどの汎用的で運搬が容易な
炭化水素燃料を直接利用できるように
なった。
 
 急速起動性に優れ、持ち運びができる
ことから、災害・非常時用、アウトドア用
の電源としての応用が期待される。
 
 なお、この技術の詳細は、
平成25年1月30~2月1日に東京ビッグサイト
で開催される「nano tech 2013
第12回 国際ナノテクノロジー総合展
・技術会議」の産総研ブースにて展示
される。
---------------------------------------
 
>今回、開発したナノ構造を制御した
>燃料極を支持体とした直流5~36 V仕様
>のマイクロチューブSOFC発電モジュール
>(図3)を用いて、LPGカセットボンベを
>燃料とする「ハンディ燃料電池システム」
>を試作した。
>起動後、2分以内に直流5 V駆動のUSB機器
>を作動できる(図4)。
>なお、起動にはLPGバーナーのみを用いる
>ため、外部電源を必要としない。
>今回の開発によって、災害・非常時用や
>アウトドア用、次世代自動車などの
>移動体用電源へのSOFC発電システムの
>適用の可能性を示した。
 
 まだ実用化までには時間がかかりそう
ですね。

|

« タバコを吸いたい気持ちを自己制御する2つの脳部位を発見 | トップページ | 直流磁場から交流電圧を生み出す機構を発見(お知らせ) »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56666826

この記事へのトラックバック一覧です: ハンディ燃料電池システムを開発:

« タバコを吸いたい気持ちを自己制御する2つの脳部位を発見 | トップページ | 直流磁場から交流電圧を生み出す機構を発見(お知らせ) »