« がん細胞を殺すT細胞をiPS細胞化し若く元気なT細胞に再生 | トップページ | - 次世代バイオ・リサイクル燃料「バイオコークス」- 近畿大学と(株)ナニワ炉機研究所、新型製造機を開発 連続生成で生産能力4倍に、省電力化も実現 »

2013年1月 4日 (金)

「手抜き除染」横行、川に投棄

2013/01/04 goo ニュース
 元News 朝日新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 【青木美希、鬼原民幸】東京電力
福島第一原発周辺の除染作業で、
取り除いた土や枝葉、洗浄に使った水の
一部を現場周辺の川などに捨てる
「手抜き除染」が横行していることが、
朝日新聞の取材でわかった。
 
 元請けゼネコンの現場監督が指示して
投棄した例もある。
 発注元の環境省は契約違反とみて調査
を始めた。
 汚染廃棄物の扱いを定めた特別措置法
に違反する可能性がある。
 
■福島第一周辺、環境省が調査へ 
 環境省は昨夏以降、福島県内の
11市町村を除染特別地域に指定し、
建物や道路、農地などから20メートル内
の本格除染を始めた。
 それ以外に広げるかどうかは今後の課題
だ。
 
 これまで4市町村の本格除染をゼネコン
の共同企業体(JV)に発注した。
 
 楢葉町が前田建設工業や大日本土木など
(受注金額188億円)、
飯舘村が大成建設など(77億円)、
川内村が大林組など(43億円)、
田村市が鹿島など(33億円)。
---------------------------------------
 
 なんともひどい話です。
 
 ゼネコンの共同企業体(JV)って
いったいどうなっている?
 
 所詮他人ごと。
 JVは金さえ貰えれば良い?
 
 多額の税金がつかわれていると言うのに
なんということ。
 
 除染ではなくて汚染を広めているだけ
のような気がしてくる。
 
 元請けが監視出来なくてどうして
正しい除染ができる?
 
 理解しがたい話ばかり。
 こんなことなら除染するなどと言わずに
対象の各個人に現金を支払った方がまだ
まし。
 
 除染などできないのでは?
と思ってしまう。
 
 除染が出来たかどうかは、決まっている
特定の場所しか測定しないらしい。
 これでうまく除染できたかどうか
正しい判定などできるはずがない。
 
 こんなことでは安心して戻れない
 放射線の強さ、場所が可視化出来る
装置はまだ利用出来る段階ではない?

|

« がん細胞を殺すT細胞をiPS細胞化し若く元気なT細胞に再生 | トップページ | - 次世代バイオ・リサイクル燃料「バイオコークス」- 近畿大学と(株)ナニワ炉機研究所、新型製造機を開発 連続生成で生産能力4倍に、省電力化も実現 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「手抜き除染」横行、川に投棄:

« がん細胞を殺すT細胞をiPS細胞化し若く元気なT細胞に再生 | トップページ | - 次世代バイオ・リサイクル燃料「バイオコークス」- 近畿大学と(株)ナニワ炉機研究所、新型製造機を開発 連続生成で生産能力4倍に、省電力化も実現 »