« ミドリムシを主原料とするバイオプラスチックを開発 | トップページ | NEDO、100形ハロゲン電球の代替用LED照明を発表 - NECライティングが製品化 »

2013年1月11日 (金)

ラクトフェリンの摂取がウイルス感染性胃腸炎を抑制する!? - 森永乳業

2013/01/08 マイナビニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 森永乳業は1月7日、乳由来のたんぱく質
「ラクトフェリン(LF)」の摂取による
ノロウイルスを含むウイルス感染性胃腸炎
に対する臨床試験結果および
そのメカニズム解明に関する基礎研究を
実施。
 
 その結果、ラクトフェリンがノロウイルス
やロタウイルスなどのウイルスの表面
およびその感染部位である消化管細胞と
結合し、ウイルスが消化管細胞へ感染する
ことを抑制することで、
ウイルス感染性胃腸炎の抑制や症状の緩和
につながることが示唆されたと発表した。
---------------------------------------
 
 先日のビフィズス菌の話もそうですが、
 最近この種の発表が多くなりましたね。
 
 腸内細菌だけでなく、健康に役立つものが
いろいろ存在します。
 
 サプリメント色々出てますよね。
 ただその科学的根拠は、しっかり把握
しておかないといけません。
 
 ラクトフェリンについてはこのリンクを
どうぞ、
森永乳業の紹介ページです。
 
 なかなか良い働きをする蛋白質のよう
です。
 リンク中の色々な場所も見てください。
 勉強になります。
 
 いろいろ情報を仕入れて良い食生活を
心がけましょう。

|

« ミドリムシを主原料とするバイオプラスチックを開発 | トップページ | NEDO、100形ハロゲン電球の代替用LED照明を発表 - NECライティングが製品化 »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラクトフェリンの摂取がウイルス感染性胃腸炎を抑制する!? - 森永乳業:

« ミドリムシを主原料とするバイオプラスチックを開発 | トップページ | NEDO、100形ハロゲン電球の代替用LED照明を発表 - NECライティングが製品化 »