« 脳の中のグリア細胞の働きで、運動学習が加速することを発見 | トップページ | 運動機能と認知機能に関わる小脳からの出力信号の仕分け »

2012年12月 2日 (日)

天声人語より

天声人語より
20122/11/30 朝日新聞
 
---------------------------------------
 「自然が許容する範囲でしか
生きられないと気づいた」
 
 被災地、宮城県南三陸町の後藤一磨さん
(65)は広島大で講演。
 
 「文明への過信によって奪われたものが
ある。その一つが原爆投下。
 震災も忘れないで欲しい」
---------------------------------------
 
 と言う記事がありました。
 
 同感です。
 
 自然の力は人知を遙かに超える。
 ある想定の下に堤防を作る。
 けれど、自然はいとも簡単にそれを
破壊する。
 
 そんなものだと思う。
 
 知らないことだらけ、自然を超えた
存在ではないにも関わらず、
想定外と言う言葉を使う。
 どういうことなのかと思う。
 
 想定外のことが起こるのは自然なこと。
 当たり前のことだと思う。
 
 それを起こらないことが起こった
かのように言う。
 不遜である証拠だと感じる。
 
 もっと謙虚であるべきです。
 
 昔の人は自然を敬い、遙かに謙虚だった。
 
 「後藤一磨」さんの言葉をかみしめたい。
 せめて、過去の事実を無視するような
ことはして欲しくないと思う。

|

« 脳の中のグリア細胞の働きで、運動学習が加速することを発見 | トップページ | 運動機能と認知機能に関わる小脳からの出力信号の仕分け »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天声人語より:

« 脳の中のグリア細胞の働きで、運動学習が加速することを発見 | トップページ | 運動機能と認知機能に関わる小脳からの出力信号の仕分け »