« 「細胞内分解オートファジーの鍵となる分子発見」 | トップページ | 真空を利用したパワースイッチを開発 »

2012年12月12日 (水)

京大、iPS細胞の培養法確立 動物成分使わず

2012年12月11日 bioimpact
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 京都大学iPS細胞研究所
(山中伸弥所長)の中川誠人講師らは、
患者を対象に再生医療を実施する際に使う
iPS細胞の培養法を確立した。
 
 動物の成分を使わない安全な手法で、
高効率に培養できる。
 
 この手法に必要な材料を、国内の企業が
数年内に製品化する予定だ。
 「京大方式」として世界に広めて
デファクトスタンダード(事実上の標準)
を目指す。
---------------------------------------
 
>動物の成分を使わない安全な手法
 ?
 
 どんな手法なんでしょう?
 うまく行くと良いですね。
 
 こういう記事がありましたが、どういう
関係になるのでょうか?
2012年11月10日

|

« 「細胞内分解オートファジーの鍵となる分子発見」 | トップページ | 真空を利用したパワースイッチを開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56305211

この記事へのトラックバック一覧です: 京大、iPS細胞の培養法確立 動物成分使わず:

« 「細胞内分解オートファジーの鍵となる分子発見」 | トップページ | 真空を利用したパワースイッチを開発 »