« [プレスリリース]診療科の枠を超えた包括的ながん医療を提供する「がん専門初診外来」本格稼動 | トップページ | CT撮影における被ばく線量を評価するWebシステムを開発 »

2012年12月28日 (金)

「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工

2012年12月26日
独立行政法人新エネルギー
・産業技術総合開発機構
国立大学法人 電気通信大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
ご紹介です。
 
---------------------------------------
 NEDOの「固体高分子形燃料電池実用化推
技術開発」において、国立大学法人
電気通信大学が、大型放射光施設
「SPring-8」(兵庫県佐用町)に
燃料電池専用の「先端触媒構造反応
リアルタイム計測ビームライン
(BL36XU)」を設置、12月26日(水)、
現地で竣工式典を行いました。
 
 本ビームラインでは高輝度の放射光を
用いた計測により、これまで十分に解明
されていなかった燃料電池動作時の
燃料電池触媒の反応や劣化メカニズムの
解析が可能となります。
 
 NEDOは本解析結果を用いることで、
燃料電池の飛躍的な性能向上と低コスト化
を実現する、低白金・脱白金化を見据えた
新規燃料電池触媒の開発を進めていきます。
---------------------------------------
 
 燃料電池はこれからのキーデバイスです。
 うまく行くと良いですね。
 期待しています。

|

« [プレスリリース]診療科の枠を超えた包括的ながん医療を提供する「がん専門初診外来」本格稼動 | トップページ | CT撮影における被ばく線量を評価するWebシステムを開発 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56411507

この記事へのトラックバック一覧です: 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工:

« [プレスリリース]診療科の枠を超えた包括的ながん医療を提供する「がん専門初診外来」本格稼動 | トップページ | CT撮影における被ばく線量を評価するWebシステムを開発 »