« 針状ダイヤモンド電極でがんバイオマーカーを簡便に生体内測定 | トップページ | パーキンソン病治療へ光:自己の細胞を用いた新たな治療法の可能性―サルでの前臨床研究に成功― »

2012年12月 4日 (火)

iPS細胞で不整脈再現 京大、心筋シートで

2012/12/1 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 京都大の中辻憲夫教授と
コンスタンチン・アグラゼ教授らは、
ヒトのiPS細胞から作った心筋
(心臓の筋肉)細胞のシートに不整脈の
症状を起こすことに成功した。
 
 命を落とすことにもなる不整脈の仕組み
解明や新薬開発に役立つ成果。
 
 研究論文が欧州心臓病学会誌に
1日掲載される。
 
 iPS心筋細胞で再現したのは、
心拍数が1分間に100回を超える
頻脈性不整脈の一種。
 
 頻脈性不整脈の治療に使う
「カリウムチャネル阻害剤」を投与する
と、信号の乱れが収まった。
 
 細胞間の構造は生体に近く、不整脈の
仕組み解明や新薬開発に役立ちそう
だという。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 今回もiPS細胞活躍しそうです。
 
 是非良い結果を期待したい。

|

« 針状ダイヤモンド電極でがんバイオマーカーを簡便に生体内測定 | トップページ | パーキンソン病治療へ光:自己の細胞を用いた新たな治療法の可能性―サルでの前臨床研究に成功― »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56250912

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞で不整脈再現 京大、心筋シートで:

« 針状ダイヤモンド電極でがんバイオマーカーを簡便に生体内測定 | トップページ | パーキンソン病治療へ光:自己の細胞を用いた新たな治療法の可能性―サルでの前臨床研究に成功― »