« スマートフォンで肌状態をチェックできるサービスを提供開始/富士通 | トップページ | 体重70キロ! 豪州の古代の森に巨大コアラ? »

2012年12月 3日 (月)

幹細胞培養液を用いた歯周病の再生治療

平成24年11月29日
名古屋大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
【ポイント】
① 幹細胞の分泌する再生因子で歯周組織
 を再生させる方法を世界で初めて開発
 した。
 
② 幹細胞から分泌されるサイトカイン
 など「再生因子」が体内にある幹細胞
 を誘導して歯周組織が再生される。
 
③ 再生因子は幹細胞を培養するときに
 できる培養液中に含まれる。
 
④ 幹細胞移植を伴わないので、細胞の
 腫瘍化のリスクが軽減される。
 
⑤ 再生因子を製剤化することも可能で、
 歯周病治療のための創薬の期待が
 かかる。
 
⑥ すでに名古屋大学医学部附属病院
 歯科口腔外科とその関連病院で
 臨床研究を開始した。
---------------------------------------
 
 再生医療どんどん変化しますね。
 
 幹細胞の移植なしで再生が可能とは
素晴らしいと思います。
 
 臨床研究がうまく行くよう期待したい。

|

« スマートフォンで肌状態をチェックできるサービスを提供開始/富士通 | トップページ | 体重70キロ! 豪州の古代の森に巨大コアラ? »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56243549

この記事へのトラックバック一覧です: 幹細胞培養液を用いた歯周病の再生治療:

« スマートフォンで肌状態をチェックできるサービスを提供開始/富士通 | トップページ | 体重70キロ! 豪州の古代の森に巨大コアラ? »