« CO2を3割削減へ 夢の水素還元製鉄法、開発が第一段階クリア | トップページ | 自然免疫と獲得免疫の両方を活性化させるがん免疫療法を開発 »

2012年12月30日 (日)

関節リウマチの原因を突き止める

28 December 2012 
理化学研究所 Research Highlights
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 多数のゲノム研究者からなる理研主導の
国際共同研究チームが、自己免疫疾患
である関節リウマチと関連する遺伝子領域
を新たに9か所発見した。
 
 これらの遺伝子領域は、ヨーロッパ人を
対象とした関連解析では検出されておらず、
またそのうち3か所は、日本人のほかの
自己免疫疾患にも関連していた。
 
 1か所は全身性エリテマトーデス、
2か所はバセドウ病である。
 
 理研ゲノム医科学研究センター自己免疫
疾患研究チームの山本一彦チームリーダー
率いる研究グループは、これでアジア人
集団の関節リウマチに関与する重要遺伝子
のほぼすべてが同定されたと考えている。
 
 『Nature Genetics』に最近掲載された
研究成果1は、関節リウマチに関連する
遺伝子領域には、アジア人集団に特有
のものと、ヨーロッパ人集団と共通のもの
があることを明らかにしている。
 
 「同定した遺伝子群が薬剤標的の有力な
候補になると考えています。
 そしてゆくゆくは、患者さん個人
における疾患の重症度や薬物治療の反応性
などが個人の遺伝子型から予測される
ようになることを期待しています」と
論文の代表著者の1人である
高地雄太上級研究員は語る。
 
 
 「実を結ぶには時間がかかるでしょうが、
今回の知見にはいろいろな使い道がある
と思います」と高地上級研究員は語る。
---------------------------------------
 
 まだまだ、実際の治療への応用には
時間がかかりそうです。
 
 大規模ゲノムワイド解析必要ですね。
 少しずつです。時間がかかる。

|

« CO2を3割削減へ 夢の水素還元製鉄法、開発が第一段階クリア | トップページ | 自然免疫と獲得免疫の両方を活性化させるがん免疫療法を開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56426201

この記事へのトラックバック一覧です: 関節リウマチの原因を突き止める:

« CO2を3割削減へ 夢の水素還元製鉄法、開発が第一段階クリア | トップページ | 自然免疫と獲得免疫の両方を活性化させるがん免疫療法を開発 »