« 公共事業⇒財源どこに 祝福に沸く建設業 | トップページ | 神経難病・筋萎縮性側索硬化症の原因に蛋白質分解異常が関与する可能性 -遺伝子改変マウスでの知見から- »

2012年12月20日 (木)

iPS 細胞を用いる加齢黄斑変性に対する臨床研究の取扱いについて

平成2 年12月12日
遺伝子治療臨床研究作業委員会
委員長 島田   隆
ヒト幹細胞臨床研究に関する審査委員会
委員長 永井良三
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
参考情報です。
こんなガイドがでているようです。
 
 これに関連してこんな会社も設立されて
いるようです。
 
設立は2011年2月24日
 
 加齢黄斑変性に対する再生医療は
着実に臨床に近づいてますね。

|

« 公共事業⇒財源どこに 祝福に沸く建設業 | トップページ | 神経難病・筋萎縮性側索硬化症の原因に蛋白質分解異常が関与する可能性 -遺伝子改変マウスでの知見から- »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56357315

この記事へのトラックバック一覧です: iPS 細胞を用いる加齢黄斑変性に対する臨床研究の取扱いについて:

« 公共事業⇒財源どこに 祝福に沸く建設業 | トップページ | 神経難病・筋萎縮性側索硬化症の原因に蛋白質分解異常が関与する可能性 -遺伝子改変マウスでの知見から- »