« 日本、洋上風力でフロントランナーに浮上か | トップページ | TDP-43タンパク質の安定化が神経難病ALSの発症時期のカギ »

2012年12月21日 (金)

川や水路の自然な水流で発電する新しい水力発電「Cappa」

12 DECEMBER 2012 diginfo.tv
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。
 
---------------------------------------
 茨城製作所は、川や水路の自然な水流
から発電する水力発電装置「Cappa」を
開発しました。
 
 この装置は、従来の水力発電のような
落差を利用せずに、水流エネルギーを倍増
させて回収できる新技術で効率よく発電
します。
 
 従来のような土木工事が不要で、川や
水路に置いて固定するだけで簡単に
設置可能です。
 
 Cappaは、24時間天気に左右されない
ため、稼働率はほぼ100パーセントです。
 また、使用後のマシンは100パーセント
リサイクル可能です。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
 工夫次第で色々な所に設置できそうだし
街頭などの電力にも利用出来そう。

|

« 日本、洋上風力でフロントランナーに浮上か | トップページ | TDP-43タンパク質の安定化が神経難病ALSの発症時期のカギ »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川や水路の自然な水流で発電する新しい水力発電「Cappa」:

« 日本、洋上風力でフロントランナーに浮上か | トップページ | TDP-43タンパク質の安定化が神経難病ALSの発症時期のカギ »