« プロバイオティクス「ガセリ菌SP 株」の経口投与によるインフルエンザA ウイルスに対する感染予防効果を発表/雪印メグミルク | トップページ | 活性酸素による核酸の酸化に起因する神経変性のメカニズムを解明 »

2012年12月 6日 (木)

太陽電池セルで非集光時世界最高効率37.7%を達成

2012年12月5日
独立行政法人
新エネルギー・産業技術総合開発機構
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 NEDOの「革新的太陽光発電技術研究開発」
プロジェクトの一環として、
シャープ株式会社が、世界最高の非集光時
セル変換効率※137.7%※2、3を、化合物3
接合型太陽電池※4で達成しました。
 
 本プロジェクトは、新材料・新規構造等
を利用して太陽光発電の
「モジュール変換効率40%超」かつ
「発電コスト7円/kWh※5」を達成する
ための探索研究を行い、2030年以降の
実用化を目指すものです。
 
 本成果によって、本プロジェクトの
目標達成時期が前倒しされ、超高効率
太陽電池の早期実用化が期待されます。
---------------------------------------
 
 良さそうですね。
 
 2011年11月4日時点で36.9%だったよう
ですから、本当に目標達成時期が前倒し
されるのかな?
 
 まあ頑張って貰いましょう。
 
 こういう記事もありましたが、
2012年7月20日
 どうなんでしょう?
 有望そうですよね。
 
 これはどうなっている?
2011年1月13日
 「夢の扉+」あたりで紹介してくれない
かな?

|

« プロバイオティクス「ガセリ菌SP 株」の経口投与によるインフルエンザA ウイルスに対する感染予防効果を発表/雪印メグミルク | トップページ | 活性酸素による核酸の酸化に起因する神経変性のメカニズムを解明 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56263165

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽電池セルで非集光時世界最高効率37.7%を達成:

« プロバイオティクス「ガセリ菌SP 株」の経口投与によるインフルエンザA ウイルスに対する感染予防効果を発表/雪印メグミルク | トップページ | 活性酸素による核酸の酸化に起因する神経変性のメカニズムを解明 »