« これから急増 ワーキングプアの老後どう支える 中央大学教授 山田昌弘氏 | トップページ | 関節リウマチの原因を突き止める »

2012年12月29日 (土)

CO2を3割削減へ 夢の水素還元製鉄法、開発が第一段階クリア

2012/12/28 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 製鉄に伴って発生する二酸化炭素の
3割削減を目指して日本が官民挙げて
取り組む製鉄技術
「COURSE50(コース50)」の開発が、
第1段階を終えた。
 
 日本鉄鋼連盟が新エネルギー・産業技術
総合開発機構(NEDO)の支援を受けて
2008年度から5年間の期間で進めていた
要素技術開発で、一定の成果を確認。
 
 来年度から実験高炉建設など、より高度
な開発に進むメドがついた。
 
 「シミュレーションなどとほぼ一致した
結果が出た。安堵した」。
 
 COURSE50の企画・運営会議
プロジェクトリーダーを務める
新日鉄住金の斎藤公児製銑技術部長は
語る。
 
 中核技術である水素を使った還元が、
今年、スウェーデンの試験高炉で
成功したからだ。
 
 日本の産業界が排出するCO2のうち
約45%が鉄鋼業とされ、鉄鋼業界は
温暖化ガス削減を求められている。
 
 コークスで還元する限り、削減には限界
がある。
 このためコークスに水素を加えて併用
しようというのがプロジェクトの柱だ。
 水素還元の結果発生するのは、水だ。
 
 13年度から5年間かけて、水素をふき
込む位置や量などのノウハウを蓄積して
いく。スウェーデンでの実験が1カ月
足らずだったのに対し、常設の設備が国内
にできる意義は大きい。
 
 COURSE50は水素還元のほかにも、
その水素を確保するために、コークス炉
で発生するガスの水素濃度を高める技術、
高炉から最終的に発生したCO2を吸着
する技術などの組み合わせだ。
 
 12年度には、コークス炉ガスの
改質技術でも、新日鉄住金君津製鉄所
に実際のプラントを設置して、技術開発
を進めた。
 
 鉄連では一連の技術の実用化目標を30年
と定めている。
 
 気が長い話のようだが、製鉄技術の進化
は競争環境を一変させる可能性もある。
 
 1960~70年代に日本の鉄鋼業が欧米勢を
凌駕したのは、生産性が高い連続鋳造と
呼ばれる技術を一気に普及させたことが
大きい。
 
 水素還元は韓国も国を挙げたプロジェクト
を進めており、日本勢としても気が抜けない
状況が続く。
---------------------------------------
 
>2008年度から5年間の期間で進めていた
>要素技術開発で、一定の成果を確認。
>来年度から実験高炉建設など、
>より高度な開発に進むメドがついた。
 素晴らしい。
 是非順調に開発が進むよう期待しています。
 
 実用化目標を30年などと言わず、もっと
早めて欲しいものです。

|

« これから急増 ワーキングプアの老後どう支える 中央大学教授 山田昌弘氏 | トップページ | 関節リウマチの原因を突き止める »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56417776

この記事へのトラックバック一覧です: CO2を3割削減へ 夢の水素還元製鉄法、開発が第一段階クリア:

« これから急増 ワーキングプアの老後どう支える 中央大学教授 山田昌弘氏 | トップページ | 関節リウマチの原因を突き止める »