« 血中のがん細胞を高感度でキャッチ&リリースできるナノデバイスを開発 | トップページ | [プレスリリース]診療科の枠を超えた包括的ながん医療を提供する「がん専門初診外来」本格稼動 »

2012年12月27日 (木)

清涼飲料水飲み過ぎ、女性の脳梗塞発症リスク1.8倍 阪大

2012/12/26 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 大阪大学の磯博康教授らの研究グループ
は、甘味料を加えた清涼飲料水や果汁飲料
(100%果汁や野菜ジュースを除く)を
ほぼ毎日飲む日本人女性は、ほとんど
飲まない女性に比べ、脳梗塞を発症する
リスクが約1.8倍程度高くなることを
約18年間の追跡調査で突き止めた。
 
 男性では差はなかった。
 
 成果は26日に臨床栄養に関する
国際専門誌(電子版)に掲載される。
 
 磯教授は「女性は小柄で筋肉の量が
少なく、血糖値や中性脂肪が上がりやすい
ことが原因のひとつと推測できる」と
分析している。
 
 国立がん研究センターなどとの
共同研究。
 岩手県や長野県、東京都、沖縄県など
に住む40~59歳の男女約4万人を対象に
1990年から追跡調査した。
 
 虚血性心疾患や脳卒中は、男女とも
明らかな変化がなかった。
 もともと日本人女性は20~40代で
悪玉コレステロールが少なく、心筋梗塞
には影響が出にくいという。
 磯教授は「日本人は欧米人に比べて
飲む量は少ないが、飲み過ぎれば影響が
出るため注意が必要だ」と指摘する。
---------------------------------------
 
 意外ですね。
 気をつけましょう。

|

« 血中のがん細胞を高感度でキャッチ&リリースできるナノデバイスを開発 | トップページ | [プレスリリース]診療科の枠を超えた包括的ながん医療を提供する「がん専門初診外来」本格稼動 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56404813

この記事へのトラックバック一覧です: 清涼飲料水飲み過ぎ、女性の脳梗塞発症リスク1.8倍 阪大:

« 血中のがん細胞を高感度でキャッチ&リリースできるナノデバイスを開発 | トップページ | [プレスリリース]診療科の枠を超えた包括的ながん医療を提供する「がん専門初診外来」本格稼動 »