« スマート家電、日本には育たないのか? | トップページ | 三大認知症の一つであるレヴィ小体病の脳萎縮にもアミロイドが関連 »

2012年12月17日 (月)

超低消費電力のスマートウインドウ用材料 -電流効率2000%のエレクトロクロミック材料 ビルや自動車の冷房効率の大幅改善が可能に-

平成24年11月29日
国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学
プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
【概要】
 奈良先端科学技術大学院大学
(奈良先端大、学長:磯貝 彰)
物質創成科学研究科 光情報分子科学
研究室の中嶋琢也准教授、河合 壯教授
らは、電気を流すと理想的な電流効率
(100%)の20倍以上の極めて高い
効率で色が消えるエレクトロクロミック
分子の開発に成功しました。
 
 光で着色し、電気で消色することが可能
なことから、外光の取り入れ量を調節する
ビルや自動車の調光機能窓
(スマートウインドウ)の材料として利用
することにより、電気の消費を少なくして、
冷房効率を大幅に改善する省エネ技術が
可能になります。
 
 従来、スマートウインドウでは順方向の
電流で着色、逆方向の電流で消色を行う
エレクトロクロミック型の分子が利用されて
おり、ビルの外窓、自動車のサンルーフや、
飛行機の窓にも利用が検討されています。
 
 着色、消色の両方に電力が必要なため、
電流効率を改善することが模索されて
きました。
 
 ヒントとなったのは河合教授がおよそ
20年前に発見した現象で、光で着色する
フォトクロミック分子でも、電気によって
色を消すことができる分子があるという
ことです。
 
 この研究をヒントに分子に平面的な
広がりを加えて電気化学反応を起こりやすく
する方法を考えました。
 
 その結果、新しい分子では光照射によって
創られる着色状態を電気で消色する事が
可能になり、しかもその電流効率が2000%
を超えることを見いだしました。
 
 通常の電気化学反応では電子1つで分子1つ
が反応する場合が理想的(効率 100%)
ですが、今回の研究成果では1電子で次々に
20個の分子の色を消すことができる点が
画期的です。
 
 今後、スマートウインドウとして利用
すれば従来の10倍以上の省エネルギー化が
可能となります。
 
 この成果は、アメリカ化学会誌に
平成24年11月19日Web上で先行掲載され
ました。
---------------------------------------
 
電流効率が2000%だそうです。
 
>今後、スマートウインドウとして利用
>すれば従来の10倍以上の省エネルギー
>化が可能となります。
 
 良さそうです。

|

« スマート家電、日本には育たないのか? | トップページ | 三大認知症の一つであるレヴィ小体病の脳萎縮にもアミロイドが関連 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56338586

この記事へのトラックバック一覧です: 超低消費電力のスマートウインドウ用材料 -電流効率2000%のエレクトロクロミック材料 ビルや自動車の冷房効率の大幅改善が可能に-:

« スマート家電、日本には育たないのか? | トップページ | 三大認知症の一つであるレヴィ小体病の脳萎縮にもアミロイドが関連 »