« 伊藤忠、スマホ利用の災害用傷病者情報管理システムを自治体に提案 | トップページ | もしオフィスの椅子が全部バランスボールに変わったら »

2012年11月24日 (土)

うがいは水道水でOK 喉のトラブル、最新予防法

2012/11/17 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 国際医療福祉大学東京ボイスセンター
・センター長の渡辺雄介教授は「人は意外
にのどの乾きに気づきにくい。
 
 室内の湿度が下がっているのに水分補給
を怠ると、咽喉頭部の粘膜がどんどん乾燥
し機能が低下する」と話す。
 
 たばこの煙、ハウスダストなど異物の
刺激を受けやすくなるほか、粘膜に
風邪ウイルスなどの病原体が付着すると
炎症を起こして痛みや腫れをもたらす。
 
 また、のど粘膜を守るために分泌された
粘液によって、異物があるような
イガイガ感を覚えることもある。
 
 のどの水分補給に重要なのは水を飲む
ことだ。
 例えば、仕事に集中しているときは、
のどの乾きに気づかない。
 
 手元に水やお茶を置いて、小まめに
飲むといいだろう。
 渡辺教授は「あめをなめるのも効果が
ある。唾液の分泌が促進されるためだ。
 砂糖が多くネバネバするものより、
シュガーレスでさらっとしたあめの方が
効果的」と話す。
 
 うがいも積極的に。
 水分補給効果は少ないものの、粘膜の
炎症の原因となる口内の異物や病原体の
数を少なく保てる。
 
 外出から帰ったときなど、一日に数回
行いたい。
 
 予防的なうがいは水道水で十分だ。
 
 殺菌効果の強いうがい薬は、逆に粘膜
の刺激となる場合がある。
 痛みや腫れがあるときだけ、医師や
薬剤師と相談して使いたい。
---------------------------------------
 
 ふ~ん
 
>予防的なうがいは水道水で十分だ。
 
>殺菌効果の強いうがい薬は、逆に粘膜
>の刺激となる場合がある。
>痛みや腫れがあるときだけ、医師や
>薬剤師と相談して使いたい。
 と言っていますね。
 
 私は、うがいは、うがい薬が必須なの
かと思っていました。
 水道水で良いんですね。
 
 考えて見れば、バイ菌を少なくすれば
良いわけで、身体の持っている免疫力
を越えない程度にすれば良いという
ことですね。なるほど。

|

« 伊藤忠、スマホ利用の災害用傷病者情報管理システムを自治体に提案 | トップページ | もしオフィスの椅子が全部バランスボールに変わったら »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うがいは水道水でOK 喉のトラブル、最新予防法:

« 伊藤忠、スマホ利用の災害用傷病者情報管理システムを自治体に提案 | トップページ | もしオフィスの椅子が全部バランスボールに変わったら »