« 原発ごみ、地中処分を 原子力委案、現行通り | トップページ | 温室効果ガス ダイズ畑で多く発生 東北大グループが新手法 »

2012年11月28日 (水)

マラリア感染に対する免疫反応強化の仕組みを解明

2012年11月19日
大阪大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 今回明らかになった具体的な点として、
リポカリン2は
1) マラリア感染時における宿主自然免疫
 反応に重要な役割を担うマクロファージ
 や好中球の鉄代謝を上げ、その原虫の
 貪食や活性酸素などの作用を含む
 抗原虫効果を高めている。
 
2) 宿主の鉄代謝を維持する能力を上げる
 ことにより、マラリア原虫が好んで感染
 する赤血球赤芽球や未熟な赤血球の
 発現頻度を減らす。
 
3) 宿主鉄代謝の維持により、
 マラリア原虫に対する獲得免疫
 (抗原特異的B細胞)の減弱を防ぐ。
 
 さらに上記のリポカリン2による
抗マラリア感染効果は、リポカリン2の
組み換え蛋白をリポカリン2欠損マウス
に投与することで再現されました。
 
 これらの結果から、リポカリン2は
マラリア感染時における宿主鉄代謝の
維持に必須であり、マラリア原虫に対する
免疫反応や結果として生体防御に重要な
役割を担うことが示唆されます。
 
 本研究成果は、今後のマラリア治療に
つながる重要な結果であると
期待されます。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
 関連ページです。
 
 このページによると、
>治療薬の研究も行われていますが、
>死亡者は年間150~270万人にも達する
>とされており、特に5歳未満の小児が
>多く犠牲になっています。
>一日も早くワクチンが完成し、治療も
>より良いものになることが望まれます。
 となっています。
 
 一日も早く良い治療薬が開発される
ことを望みます。

|

« 原発ごみ、地中処分を 原子力委案、現行通り | トップページ | 温室効果ガス ダイズ畑で多く発生 東北大グループが新手法 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56208354

この記事へのトラックバック一覧です: マラリア感染に対する免疫反応強化の仕組みを解明:

« 原発ごみ、地中処分を 原子力委案、現行通り | トップページ | 温室効果ガス ダイズ畑で多く発生 東北大グループが新手法 »