« 肝炎の進行度、血液だけで判断可能 大阪市大が新手法 | トップページ | 「iPS細胞バンク」を承認 京大病院、医療向け »

2012年11月 8日 (木)

自動車の後部座席を透明化して死角を減らす光学迷彩技術

6 NOVEMBER 2012 diginfo.tv
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。
 
---------------------------------------
 慶應義塾大学の研究グループは、自動車
の後部座席を透明に見せるシステムを開発
しました。
 
 これは、稲見昌彦教授が開発した、
再帰性反射材を用いた光学迷彩の技術を
自動車に適用したもので、ドライバーから
の1視点分が透けて見えるように最適化
されています。
 
 このシステムは、リアカメラからの映像
をハーフミラーを使ってバックシートに
投影しています。
 
 映像は実寸大で視認できるように
コンピュータで適切に処理されている
ため、スクリーン部分があたかも透けて
いるようにドライバーに感じさせること
ができます。
 
 現在は後部座席の透明化にとどまって
いますが、最終的には車内の360度全て
を透明化し、死角をゼロにすることを
目指しています。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 直に目で見たように見えるというのが
素晴らしい。

|

« 肝炎の進行度、血液だけで判断可能 大阪市大が新手法 | トップページ | 「iPS細胞バンク」を承認 京大病院、医療向け »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56068993

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車の後部座席を透明化して死角を減らす光学迷彩技術:

« 肝炎の進行度、血液だけで判断可能 大阪市大が新手法 | トップページ | 「iPS細胞バンク」を承認 京大病院、医療向け »