« 早大、手の震えを抑える装具の実用化にめど、モータで震えを抑えて動作を補助 | トップページ | 凍結療法 がん細胞含む体内細胞を凍らせ死滅させる治療法 »

2012年11月27日 (火)

太陽エネルギーを駆動力として二酸化炭素を取り込む新手法を開発-二酸化炭素の資源化に期待-

2012年11月20日
京都大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 本研究チームは、太陽エネルギーを
駆動力としてアミノケトンに二酸化炭素を
取り込み、環状炭酸エステルを合成する
新手法を開発しました。
 
 本成果は、太陽光を駆動力として
有機化合物に二酸化炭素を取り込むための
基礎的な方法論を提案・実証したものです。
 
 この方法論をさらに押し進めることで、
二酸化炭素を炭素資源として活用すること
ができるようになるものと期待されます。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
 CO2は過剰ですから、なんとか有効利用
して減らさないといけない。
 
 この前投稿したこんな問題があります。
2012年11月23日
 
 解決策として、この方法も面白い。
2012年11月20日
 
 地中に貯蔵してしまおうという方法も
あるようですが、植物が行う光合成のように
有効利用できればそれがベストと思います。

|

« 早大、手の震えを抑える装具の実用化にめど、モータで震えを抑えて動作を補助 | トップページ | 凍結療法 がん細胞含む体内細胞を凍らせ死滅させる治療法 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56202147

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽エネルギーを駆動力として二酸化炭素を取り込む新手法を開発-二酸化炭素の資源化に期待-:

« 早大、手の震えを抑える装具の実用化にめど、モータで震えを抑えて動作を補助 | トップページ | 凍結療法 がん細胞含む体内細胞を凍らせ死滅させる治療法 »