« 放射性物質を可視化する「放射性物質見える化カメラ」を開発 | トップページ | 後天的に脳神経ネットワークを発達させるタンパク質を同定 »

2012年11月16日 (金)

新規発癌遺伝子アポベック3による新たな発癌機構

2012年11月14日
京都大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 発癌は、ゲノム(宿主DNA)における
遺伝子変異の蓄積の結果であり、従来より
その誘導因子として、
紫外線、放射線、化学物質等の外来性因子
が知られています(図1)。
 
 近年の次世代シークエンサーを用いた
ゲノムの網羅的解析により、様々な癌に
おける、様々な遺伝子変異が報告されて
いますが、それらのなかで、多くの癌に
おいては、C→T(相補鎖ではG→A)への
変異が圧倒的に多数を占めています
(図2)。
 また本年度、乳癌に関するゲノムの
網羅的解析により、C→Tがゲノムの一部
に偏って集積すること等から、APOBEC3蛋白
が原因ではないかとの推測がなされて
いました(図3)。
 
 今回、本研究チームは、これらの酵素の
なかで、APOBEC3Bがヒトのゲノムに
C→T(G→A)の変異を導入すること、
血液悪性腫瘍のひとつである悪性リンパ腫
で高発現しており、リンパ腫細胞において
癌遺伝子にC→Tの変異を惹き起こしている
ことを突き止めました。
 
 これは、細胞内に存在する酵素という
内在性因子が、発癌遺伝子変異の
ソースであるという新たな発癌メカニズム
と新規癌遺伝子の概念を提唱するものです。
 
 今後、乳癌等他の癌に関しても
APOBEC3B蛋白の発現が発癌に関わっている
可能性を検証していきたいと考えます。
 
 またさらに、これらの研究を通じて、
本分子の発現や酵素活性を調節すること
により、新たな癌の制御法、特に予防や
進行阻止につながる可能性があります。
---------------------------------------
 
 発がん要因にはいろいろあります。
 
>遺伝子変異の誘導因子として、紫外線、
>放射線、化学物質等の外来性因子が
>知られています。
 
 それ以外にも、遺伝子のコピーミスの修正
ミス、エピゲノム関連の話もあります。
 
 今回発見された。
>細胞内に存在する酵素という内在性因子
もその要因になるということのようです。
 
 沢山ありすぎて、なにが最も影響を
与えるものなのか知りたいですね。
 
 がんの発生率は3人に1人と言われて
います。
 通常の強さでは影響しないことに
なっているので、放射線の影響は無し
にも関わらずです。
 
 これだから、一筋縄ではいかないです
よね。

|

« 放射性物質を可視化する「放射性物質見える化カメラ」を開発 | トップページ | 後天的に脳神経ネットワークを発達させるタンパク質を同定 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56125116

この記事へのトラックバック一覧です: 新規発癌遺伝子アポベック3による新たな発癌機構:

« 放射性物質を可視化する「放射性物質見える化カメラ」を開発 | トップページ | 後天的に脳神経ネットワークを発達させるタンパク質を同定 »