« 半導体メモリー:記録密度10倍に 北大チームが開発 | トップページ | 大飯調査批判「過酷だ、性急な判断求められた」 »

2012年11月20日 (火)

脳スキャンを使い、12 年間植物状態だった男性との対話に成功

2012年11月19日 slashdot
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 Western Ontario 大学の
Adrian Owen 教授が、12 年間植物状態と
診断されてきた男性と、MRI を使って対話
することができたとのこと。
 
 Owen 教授が男性に幾つか質問した
ところ、脳スキャンを通して脳が部分的に
光ったため、「痛みを感じていない」など
男性の考えを知ることができたのだ
そうだ
(BBC News の記事、thestar.com の記事、
本家 /. 記事より) 。
 
 自動車事故により脳に重度の損傷を
受けた Scott Routley 氏 (39 歳) は、
目は見開かれたまま物理的な反応がない
ため植物状態と診断されてきた。
 
 これまで植物状態と診断された場合は、
自分及び周囲環境を認識できていないと
されてきたが、今回の実験により、
Routley 氏には意識があり、自分が
誰であり、何処にいるのを認識できて
いることが明らかとなった。
 
 植物状態で対話不能と思われている
患者でも脳をスキャンすることで対話が
可能であることが分かったが、
Owen 教授は、今後はそういった患者の
5 人に 1 人が日常的な対話を行える
ようになることに繋がって欲しいと
話している。
 
 また MRI 装置は高額であるが、最新の
携帯用脳波測定器なら 75,000 ドル程で、
患者のベッド脇に置いて
コミュニケーションに使用することも
可能性として考えられるとのこと。
 
 ちなみに植物状態の患者と MRI を
用いた対話は、2010 年に行われた
ケンブリッジ大での試み
(Mail Online の記事) が最初らしい。
---------------------------------------
 
 すごく深刻な問題だと思う。
 ALSなどで言われているロックトイン
という状態ですね。
 意識は明快なのだけれど、それを外部に
伝える手段がない。
 最も過酷な状態だと思う。
 
 ブレインマシンインタフェース(BMI)と
言われている技術が進むことを望みます。
 
 今、その人が何を思い、
どうしたいのか?
 その人の意志を尊重したい。

|

« 半導体メモリー:記録密度10倍に 北大チームが開発 | トップページ | 大飯調査批判「過酷だ、性急な判断求められた」 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56152954

この記事へのトラックバック一覧です: 脳スキャンを使い、12 年間植物状態だった男性との対話に成功:

« 半導体メモリー:記録密度10倍に 北大チームが開発 | トップページ | 大飯調査批判「過酷だ、性急な判断求められた」 »