« 神経変性の症状、頭痛薬で抑制 名古屋大研究チームが発見 | トップページ | 再稼働の是非 政治は丸投げするな »

2012年10月 5日 (金)

iPS細胞から卵子 生命の作製、倫理に課題 不妊治療には期待

iPS細胞から卵子 生命の作製、
倫理に課題 不妊治療には期待

2012.10.5 msn 産経ニュース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 京都大大学院の斎藤通紀教授らの
研究グループが、人工多能性幹細胞
(iPS細胞)から精子に続いて卵子を
作製し、子供を誕生させることに
成功した。

 今後、生殖細胞(精子と卵子)の
発生メカニズムや不妊治療の研究などへの
応用が期待される半面、人工的に作った
ヒトの精子や卵子で受精卵が作れる
ようになる可能性も芽生え、倫理面で
新たな議論も巻き起こりそうだ。

-----

 iPS細胞を作製した山中伸弥
・京都大教授の話「昨年の精子からわずか
1年で卵子の作製に成功したことは、
不妊症の原因解明や創薬につながる大きな
一歩だ。

 一方で、理論的には、ヒトiPS細胞
から新たな生命を誕生させることが
可能になるという倫理的な問題も
生まれた。

 今後は研究が独り歩きすることの
ないよう、積極的に情報発信し、一般の
方々の理解を得ながら慎重に進める必要が
ある」
---------------------------------------

>人工多能性幹細胞(iPS細胞)から
>精子に続いて卵子を作製し、
>子供を誕生させることに成功した。
すごい時代に入ってきました。

まだ始まったばかり。
でも、今のうちから議論を進めて
おかないと駄目です。

日本はどうも責任をとりたくない人が
沢山いるせいなのか?
時間ばかり経ってしっかりした議論が
出来ず、なんとも中途半端な結論しか
出せない傾向がある。

法律も作られない。

世界から見れば後進国。

世界では既に法整備が済んでいるのに
日本ではその議論すら始まっていない
というものが沢山ある。

せっかく世界に先駆けてiPS細胞を
作り出したのだから、
しっかり議論を進めて世界の模範に
なって貰いたい。

閉鎖社会日本では困る。

|

« 神経変性の症状、頭痛薬で抑制 名古屋大研究チームが発見 | トップページ | 再稼働の是非 政治は丸投げするな »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55817455

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞から卵子 生命の作製、倫理に課題 不妊治療には期待:

« 神経変性の症状、頭痛薬で抑制 名古屋大研究チームが発見 | トップページ | 再稼働の是非 政治は丸投げするな »