« iPS細胞:臨床研究、理研が近く申請 | トップページ | 無線ネットワークの速度を「10倍向上させる」という新技術 »

2012年10月30日 (火)

青果物を長持ちさせる鮮度保持フィルム

27 OCTOBER 2012 diginfo.tv
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。
 
---------------------------------------
 ベルグリーンワイズは、分子活性による
蒸散抑制効果や過剰呼吸抑制効果を利用し
野菜の鮮度を高く保つことを可能にする
鮮度保持フィルム『オーラパック』を
開発しました。
 
 ほうれん草などの葉物野菜は2~3日長く
もたせることが可能です。
 
 長期保存では柿を密封包装すると
3~4ヶ月保ち、11月に採れた柿を4月に
食べるという出荷調整に活用することも
可能です。
---------------------------------------
 
 良さそうですね。
 
 どういう仕組みなんでしょうか?
 酸素や炭酸ガスの透過率を適度に制御
しているということなのかな?

|

« iPS細胞:臨床研究、理研が近く申請 | トップページ | 無線ネットワークの速度を「10倍向上させる」という新技術 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青果物を長持ちさせる鮮度保持フィルム:

« iPS細胞:臨床研究、理研が近く申請 | トップページ | 無線ネットワークの速度を「10倍向上させる」という新技術 »