« ほとんどの車いすに装着でき、個別アシスト力設定が可能な電動アシストユニット「JWX-2」 | トップページ | 白金を効率よくリサイクル 東大が新技術 »

2012年10月21日 (日)

ワクチン接種、塗るだけ 九州大が実験成功

2012/10/20 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 九州大学の後藤雅宏教授らは
インフルエンザワクチンなどを皮膚に塗る
だけで体内に投与する技術を開発した。
 
 軟らかくて直径が5千分の1ミリメートル
と極めて小さいカプセルでワクチンを包み、
いくつもオイルに混ぜて皮膚から
染み込ませる。
 
 マウスの実験に成功した。
 実用化すれば、注射が要らなくなる。
 
 文部科学省の支援で研究を進めており、
2017年度にも医学部と組んで人を対象
とする臨床試験(治験)を目指す。
---------------------------------------
 良いですね。
 注射って好きな人はいないはず。

|

« ほとんどの車いすに装着でき、個別アシスト力設定が可能な電動アシストユニット「JWX-2」 | トップページ | 白金を効率よくリサイクル 東大が新技術 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55940156

この記事へのトラックバック一覧です: ワクチン接種、塗るだけ 九州大が実験成功:

« ほとんどの車いすに装着でき、個別アシスト力設定が可能な電動アシストユニット「JWX-2」 | トップページ | 白金を効率よくリサイクル 東大が新技術 »