« カーボンナノチューブの新たな光応答性を発見-癌に対する光治療法の開発に期待 | トップページ | 日本学術会議、日本では高レベル放射性廃棄物の最終処分は不可能と回答 »

2012年10月26日 (金)

ヒトES/iPS細胞から臨床応用に適した心筋分化誘導法を開発-安全・安価・高効率な再生医療の実現化に大きく貢献-

2012年10月26日
京都大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 このたび、中辻憲夫 物質-細胞統合シ
ステム拠点(iCeMS=アイセムス)拠点長、
上杉志成 同教授、饗庭一博 同講師、
南一成 同研究員らは、山本拓也
iPS細胞研究所(CiRA)助教・
iCeMS京都フェロー、株式会社リプロセル
等と共同で、ヒト胚性幹(ES)細胞・
人工多能性幹(iPS)細胞から心筋細胞に
効率的に分化を促進させる新しい
小分子化合物を発見しました。
 
 これまでにも既知の化合物やタンパク質
を用いた心筋分化誘導法がいくつか
開発されていますが、心筋分化効率や
成熟度の低さや、培養液中に含まれる
動物由来成分からの感染リスクの懸念、
さらに高価な細胞増殖因子の利用による
コスト高など、ヒト多能性幹細胞から
分化させた心筋細胞を実際に医療へ利用
するための課題がありました。
 
 本研究は新しい小分子化合物を用いる
ことで、高価な増殖因子やウシ血清等の
動物由来成分を使用しない、高効率な
心筋分化誘導法を世界で初めて開発する
ことに成功しました。
 
 この心筋分化誘導法をヒトES/iPS細胞
のいくつかの細胞株で試したところ、
すべてのES/iPS細胞株において、安定した
高い心筋分化効率が得られ、最大98%の
高純度の心筋細胞を得ることができました。
 
 また、この心筋細胞について心筋特異的
分子の発現解析や電気生理学的な
薬剤応答性の解析、電子顕微鏡による
解析等を行ったところ、従来の方法で
得られる心筋細胞より比較的成熟した
心筋細胞であることを確認しました。
 
 この成果はES/iPS細胞から作る細胞の
移植といった再生医療の実現化に大きく
貢献する成果であるとともに、新薬の
心毒性スクリーニングシステムの開発や
心臓病の治療法の開発に役立つことが
期待されます。
 本論文は、10月25日正午
(米国東部標準時間)に米科学誌
セル・リポーツ電子版で公開されました。
---------------------------------------
 
 京都大学頑張ってますね。
 
>これまでにも既知の化合物やタンパク質
>を用いた心筋分化誘導法がいくつか開発
>されていますが、心筋分化効率や成熟度
>の低さや、培養液中に含まれる
>動物由来成分からの感染リスクの懸念、
>さらに高価な細胞増殖因子の利用による
>コスト高など、ヒト多能性幹細胞から
>分化させた心筋細胞を実際に医療へ利用
>するための課題がありました。
課題ね~。
 
 今回の心筋分化誘導法はどの程度この
課題を解決できたのでしょうか?
 
 臨床まで、この位短縮出来そうとか、
具体的な話が欲しいですね。
 頑張ってくれているのは有り難いこと
ではあるのですが、
 期待してばかりで現実はどうなのか?
はっきりしないのが残念です。

|

« カーボンナノチューブの新たな光応答性を発見-癌に対する光治療法の開発に期待 | トップページ | 日本学術会議、日本では高レベル放射性廃棄物の最終処分は不可能と回答 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55975053

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトES/iPS細胞から臨床応用に適した心筋分化誘導法を開発-安全・安価・高効率な再生医療の実現化に大きく貢献-:

« カーボンナノチューブの新たな光応答性を発見-癌に対する光治療法の開発に期待 | トップページ | 日本学術会議、日本では高レベル放射性廃棄物の最終処分は不可能と回答 »