« 全身を5分割して筋肉量・脂肪率を計測・表示する部位別体組成計を発売/タニタ | トップページ | 乳酸菌の免疫効果、動物実験で実証 キリンHDなど »

2012年10月16日 (火)

DNAにも半減期がある

2012年10月12日 slashdot
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 映画ジュラシックパークでは琥珀に
閉じ込められた蚊の血液から恐竜のDNAを
採取し、恐竜たちをクローニングする。
 しかし、最近の研究により、この手段は
不可能であることが確定した模様。
 
 オーストラリアのコペンハーゲン大学の
Morten Allentoft氏、マードック大学の
Michael Bunce氏らの研究チームは、
MOAという名の3種の絶滅巨大鳥類の158本
のDNAを含む脚の骨を調査したところ、
DNAには521年の半減期があることが判明
したという(nature、本家/.)。
 
 研究チームはMOAの解析により、
521年経つとDNA骨格を形成する
nucleotidesを結合する役割を持つ酵素が
壊れ始め、さらに521年経過すると残りの
結合の半分がなくなるという。
 
 例えマイナス5℃という理想的な
保存温度環境で保存されていたとして、
これが繰り返されると長くとも
680万年後にはすべての結合が破壊される。
 
 DNAの読み取りは680万年よりかなり前の
段階で読み取りが不可能になるとしている。
 
 ただしオーストラリアのシドニー大学
Simon Ho博士は「恐竜が生きていたのは
65万年前で680万年前ではない。
 可能性はまだある」としている。
---------------------------------------
 面白い話ですね。
>Simon Ho博士は「恐竜が生きていたのは
>65万年前で680万年前ではない。
>可能性はまだある」としている。
とは言いながら、DNAが傷ついているかも
しれないし、難しいでしょう。

|

« 全身を5分割して筋肉量・脂肪率を計測・表示する部位別体組成計を発売/タニタ | トップページ | 乳酸菌の免疫効果、動物実験で実証 キリンHDなど »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55904298

この記事へのトラックバック一覧です: DNAにも半減期がある:

« 全身を5分割して筋肉量・脂肪率を計測・表示する部位別体組成計を発売/タニタ | トップページ | 乳酸菌の免疫効果、動物実験で実証 キリンHDなど »