« 膝の軟骨再生、治験へ 細胞培養し移植 神大など | トップページ | 金属の針使わず書類とじ マックス »

2012年10月23日 (火)

5種類のがん、28施設の生存率公表 診断5年後 国立がん研究センター研究グループ

2012/10/23 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
ご参考です。
 いつまで見えるのかはわかりません。
 
---------------------------------------
 国立がん研究センターの研究グループは
23日付で、全がん協加盟施設で診断・治療
した胃、大腸、肺、乳房、
子宮頸(けい)部の5種類のがんについて、
診断5年後の生存率を公表した。
 
 公表は07、08年に続き今回が3回目。
 公表施設数は加盟31施設のうち28施設
で、前回より9施設増えた。
 
 研究グループは30施設から01~03年の
約10万症例のデータ提供を受け、一定の
基準を満たし、公表に同意した施設の
生存率を明らかにした。
 
 公表施設は最も多い乳がんが25施設、
大腸がんと肺がん24施設、胃がん23施設、
子宮頸がん16施設。
 
 肺がんは施設間で生存率の差が最も
大きく、四国がんセンターの58.1%から
群馬県立がんセンターの24.8%まで
33.3ポイントの差があった。
 
 胃がんは80.2~56.2%、子宮頸がんは
84.4~65.8%、大腸がんは81.4~64.0%、
乳がんは95.4~84.1%だった。
 
 初期がん(1期)の患者数が進行がん
(4期)の20倍以上に上る施設もあり、
初期がん患者が多ければ生存率は高く
なる。
 研究班は「地域の事情も影響するため、
施設間の単純な比較はできない」
としている。
---------------------------------------
 
 こういう情報は必要だと思いますが、
日本は消極的ですね。
 但し、データは鵜呑みにせず、前提条件等、
いろいろ考慮する必要があります。
 
 このページからも見えるはずです。
 私のPCからは見えませんでした。
どうしてかな?
 参照しようとしたのは今日、11:30項です。
 
 このページには、いろいろQ&Aが載って
いますので勉強してみてください。

|

« 膝の軟骨再生、治験へ 細胞培養し移植 神大など | トップページ | 金属の針使わず書類とじ マックス »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55953707

この記事へのトラックバック一覧です: 5種類のがん、28施設の生存率公表 診断5年後 国立がん研究センター研究グループ:

« 膝の軟骨再生、治験へ 細胞培養し移植 神大など | トップページ | 金属の針使わず書類とじ マックス »