« 青果物を長持ちさせる鮮度保持フィルム | トップページ | 喫煙で寿命10年縮まる 日英、日本人を60年以上調査 »

2012年10月30日 (火)

無線ネットワークの速度を「10倍向上させる」という新技術

2012年10月26日 slashdot
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 MIT、カリフォルニア工科大学、
ハーバード大学らの合同研究チームは、
基地局の追加や送信電力を増加させること
なく無線ネットワークの速度を改善する
技術を開発したと発表した。
 
 現在、無線ネットワーク通信に
使用されているパケットの3%は、干渉や
輻輳などが原因で廃棄されているという。
 
 さらに電車への乗車中など、高速移動
する状況ではこのパケットロスは5%まで
増加するとのこと。
 
 研究チームが開発した新技術
「coded TCP」を使用すればこうした
パケットロスは皆無になるという
(technology review、ExtremTech、
元論文PDF、Gigazine、本家/.)。
 
 MIT内のWi-Fiネットワークを使った実験
ではパケットロスがなくなり、通信速度も
通常1Mbpsのところ16Mbpsまで増加した
としている。
 
 また5%のパケットロスが発生していた
電車内での通信では、接続速度は
0.5Mbpsから13.5Mbpsにまで向上した
としている。
 
 通常パケットが損失していた場合、
受信側はパケットが欠落していたことを
送信者に伝える必要があり、代替となる
交換パケットが受信されるまで何も
できない。
 「coded TCP」では、これまでのように
パケットを1個ずつ送信するのではなく、
パケットのブロック情報がひとまとめに
記述された代数方程式を送ることで
これを解決しているという。
 
 具体的にはデータの一部が失われた場合、
受信側で欠落したデータを代数方程式を
解くことで埋め合わせることができる
らしい。
 
 各記事では「coded TCP」は、積極的に
ハードメーカーにライセンス供与されて
おり、近いうちに商品としてそれを見る
ことができるだろうとしている。
---------------------------------------
 
 なるほど、良さそうです。
 
>基地局の追加や送信電力を増加させる
>ことなく無線ネットワークの速度を改善
>する
と言うのがGood。

|

« 青果物を長持ちさせる鮮度保持フィルム | トップページ | 喫煙で寿命10年縮まる 日英、日本人を60年以上調査 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56004415

この記事へのトラックバック一覧です: 無線ネットワークの速度を「10倍向上させる」という新技術:

« 青果物を長持ちさせる鮮度保持フィルム | トップページ | 喫煙で寿命10年縮まる 日英、日本人を60年以上調査 »