« がん幹細胞狙い撃ち、臨床研究相次ぐ 慶大・阪大など | トップページ | 除染、ネックは環境省 4カ月間方針示さぬ例も »

2012年9月20日 (木)

マイタケでインフル治療 富山大が研究発表

マイタケでインフル治療
富山大が研究発表

2012/9/18 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 富山大大学院医学薬学研究部の
林京子講師(ウイルス学)らの
研究グループは18日、千葉県木更津市
であった日本生薬学会で、マイタケ由来の
成分がインフルエンザ治療に効果がある
という研究成果を発表した。

 雪国まいたけ(新潟県南魚沼市)との
共同研究。

 林講師によると、免疫機能を低下させ、
インフルエンザウイルスに感染させた
マウスに、マイタケから抽出した
「α―グルカン」を2週間与えた
ところ、ウイルスが減少した。

 免疫機能が回復したとみられる
という。

 インフルエンザ治療薬タミフルに
耐性のあるウイルスでも効果があった
といい、林講師は「免疫力そのものを
高めるので、いろいろなタイプの
インフルエンザに対応できるはず。
 さらに研究を進めたい」と話した。
〔共同〕
---------------------------------------

面白い話ですね。

下記投稿も同様のものととらえて
良いですね。
病気・ウィルスに強い身体を作る
キーワード「NK 活性」と「R-1乳酸菌」
~その働きと効果とは

|

« がん幹細胞狙い撃ち、臨床研究相次ぐ 慶大・阪大など | トップページ | 除染、ネックは環境省 4カ月間方針示さぬ例も »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55703269

この記事へのトラックバック一覧です: マイタケでインフル治療 富山大が研究発表:

« がん幹細胞狙い撃ち、臨床研究相次ぐ 慶大・阪大など | トップページ | 除染、ネックは環境省 4カ月間方針示さぬ例も »