« 記者クラブ | トップページ | 初期感染を防御するIgM抗体の受容体「FcμR」の機能をマウスで解明 »

2012年9月23日 (日)

大腸がんで延命効果 大鵬薬品開発の抗がん剤

大腸がんで延命効果
大鵬薬品開発の抗がん剤

2012/9/21 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 国立がん研究センター東病院などは、
手術が難しく既存の薬も効かなくなった
大腸がんの患者に対し、国内で開発した
抗がん剤が延命効果の可能性があることを
国内の臨床試験(治験)で確認した。

 開発したのは
大塚ホールディングス子会社の
大鵬薬品工業(東京・千代田)。

 すでに医薬品とするための最終段階の
治験を日米欧で始めた。

 札幌市で開催中の日本癌(がん)学会で
21日に発表する。
---------------------------------------

良いですね。
少しでも前進するのは素晴らしい。

|

« 記者クラブ | トップページ | 初期感染を防御するIgM抗体の受容体「FcμR」の機能をマウスで解明 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55723557

この記事へのトラックバック一覧です: 大腸がんで延命効果 大鵬薬品開発の抗がん剤 :

« 記者クラブ | トップページ | 初期感染を防御するIgM抗体の受容体「FcμR」の機能をマウスで解明 »