« OTC(一般用)遺伝子診断サービスについて【個の医療メール Vol.448】 | トップページ | がん守る細胞、取り除く療法治験 東大・阪大など計画 »

2012年9月14日 (金)

新種の藻類「バイノス」:福島の除染で活用へ 放射性物質に高い吸着力 山梨大准教授らが発表

新種の藻類「バイノス」
:福島の除染で活用へ
放射性物質に高い吸着力
山梨大准教授らが発表

2012年09月12日 毎日jp

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 山梨大医学部(山梨件中央市下河東)の
志村浩己特任准教授(51)らは
11日、1リットルあたり放射性物質を
約2万2000ベクレル含む水に新種の
藻類「バイノス」を数グラム程度投入する
ことで、放射性物質を99%以上吸着し
約83ベクレルに減らせたと発表した。

 すでに福島県内で実験的に除染作業に
活用し、来月、同県での本格的な除染
にも用いられる予定だ。

 志村准教授らによると、
バイノス1グラムは放射性セシウムを
最大3ギガベクレル(ギガは10億倍)、
放射性ストロンチウムを最大7ギガ
ベクレル、放射性ヨウ素を
最大1・5テラベクレル(テラは1兆倍)
取り込む能力がある。

 東京電力福島第1原発の汚染水処理など
で現在使われる鉱物「ゼオライト」が
ストロンチウムをほとんど吸収しないこと
を挙げ、大きな効果が期待できると
している。

 鉱物であるゼオライトと違い、バイノス
は乾燥させて粉末にすれば元の要量の
約20分の1程度に減らすことができ、
放射性物質吸着後、廃棄の際も場所を
とらない。低コストで簡単に大量繁殖
させられる点でも優れているという。
---------------------------------------

良いですよね。なかなか良さそう。

なんでこうも遅いのでしょうか?
除染する気があるのでしょうか?

1mSv/年間以下にする為には空間線量を
0.1μSv程度まで下げないと駄目。

1mSv/年間以下と言う話はどういう
位置づけのものなんですか?

単なる努力目標で実現などする
必要はないと政治家は考えて
いるらしい。

現在福島県では0.5μSvですよ。
どうなっている?

1mSv/年間以下など夢の又夢。
それこそ200年後かな?
要するに自然に減少するのを待って
いるだけ。ほとんど何もできない。
ならば、1mSv/年間以下などと
言って欲しくない。


以前投稿しました。
下記参照、但しリンクは見えません。

約1年前ですよ!
<放射性物質>新種の藻類「バイノス」が
高い吸収効率

2011年10月19日

|

« OTC(一般用)遺伝子診断サービスについて【個の医療メール Vol.448】 | トップページ | がん守る細胞、取り除く療法治験 東大・阪大など計画 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新種の藻類「バイノス」:福島の除染で活用へ 放射性物質に高い吸着力 山梨大准教授らが発表:

« OTC(一般用)遺伝子診断サービスについて【個の医療メール Vol.448】 | トップページ | がん守る細胞、取り除く療法治験 東大・阪大など計画 »