« 洋上風力発電:茨城県、2社を事業予定者に選定 | トップページ | ピロリ菌3剤併用治療、胃炎へ保険適用を追加申請 武田など9社 »

2012年9月 1日 (土)

脳梗塞、4時間半後まで投薬可能 厚労省、延長認める

脳梗塞、4時間半後まで投薬可能
厚労省、延長認める

2012年9月1日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 厚生労働省は8月31日、脳梗塞の
治療薬について、対象患者を発症後
3時間以内から4時間半まで延ばすことを
認めた。

 公的医療保険が使えるようになる。

 とりわけ、患者を遠くの医療機関まで
搬送しなければならない地方などで
恩恵が大きくなりそうだ。
---------------------------------------

使用可能時間延長が認められた薬は
(tPA:アルテプラーゼ)というもの
です。

欧米では、既に発症後4時間半までの
使用が認められていたようですが、
やっと日本でも認められたようです。

良いことですが、日本全国どこでも、
この薬の投与が可能かと言えばそうでは
ないようです。残念です。
早急に態勢を整えて頂きたい。

|

« 洋上風力発電:茨城県、2社を事業予定者に選定 | トップページ | ピロリ菌3剤併用治療、胃炎へ保険適用を追加申請 武田など9社 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55554909

この記事へのトラックバック一覧です: 脳梗塞、4時間半後まで投薬可能 厚労省、延長認める:

« 洋上風力発電:茨城県、2社を事業予定者に選定 | トップページ | ピロリ菌3剤併用治療、胃炎へ保険適用を追加申請 武田など9社 »