« ロームなど、小型・高出力水素燃料電池を開発、2013年の製品化を予定 | トップページ | 組織工学的手法を用いた自家培養軟骨移植による軟骨修復 »

2012年9月27日 (木)

113番元素、発見確定=「ジャポニウム」周期表に?―アジア初、理研が3回合成

113番元素、発見確定 =「ジャポニウム」周期表に? ―アジア初、理研が3回合成 2012年 9月 27日 ウォール・ストリート・ジャーナル 詳細は、リンクを参照して下さい。 ---------------------------------------  理化学研究所は26日、加速器実験で 113番目の元素の合成に3回成功し、 新元素の発見が確定したと発表した。  113番元素はロシアと米国の 共同研究チームも発見したと主張し、 国際学会がどちらに命名権を認めるか 審議している。  日本に認められればアジア初で、 「ジャポニウム」が有力候補。  論文は日本物理学会の英文誌電子版に 掲載された。  113番元素は、周期表ではホウ素や アルミニウムなどと同じ13族に 位置付けられる。  理研の森田浩介准主任研究員(55) らは2003年9月、 亜鉛(原子番号30)の粒子を 光速の1割まで加速し、ビスマス(同83) の標的に衝突させ、両元素の原子核が完全 に融合した113番元素を合成する実験を 始めた。  04年7月と05年4月に1個ずつ、 合成に成功。  しかし、両方ともヘリウム原子核を 放出するアルファ崩壊を4回繰り返して ドブニウム(同105)になった後、 二つの原子核に自発核分裂するパターン だったことなどから、 国際純正・応用化学連合と 国際純粋・応用物理連合の合同作業部会は 発見と認めなかった。  今年8月12日に合成した3個目は、 ドブニウムまで崩壊後、 さらにローレンシウム(同103)、 メンデレビウム(同101)まで 2回崩壊する別パターンだったため、 発見は科学的に揺るぎないものとなった。 [時事通信社] --------------------------------------- 素晴らしい。 日本の発見と言うことで認められれば 言うことなしです。

|

« ロームなど、小型・高出力水素燃料電池を開発、2013年の製品化を予定 | トップページ | 組織工学的手法を用いた自家培養軟骨移植による軟骨修復 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55756009

この記事へのトラックバック一覧です: 113番元素、発見確定=「ジャポニウム」周期表に?―アジア初、理研が3回合成:

« ロームなど、小型・高出力水素燃料電池を開発、2013年の製品化を予定 | トップページ | 組織工学的手法を用いた自家培養軟骨移植による軟骨修復 »