« 東大、がん細胞の異常増殖や悪性化の一因となる新規メカニズムを発見 | トップページ | 「環境ホルモン」サルで実験  BPAで卵細胞異常 »

2012年9月25日 (火)

日立、データ3億年超保存 石英ガラスにレーザーで書き込みクリップする

日立、データ3億年超保存
石英ガラスにレーザーで書き込み
クリップする

SankeiBiz 2012/9/25

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 日立製作所は24日、半永久的に
デジタルデータの保存が可能な技術を開発
したと発表した。

 フラスコなどに使われる石英ガラスに
コンパクトディスク(CD)並みのデータ
を3億年以上保存できるのが特徴だ。

 経年劣化なく保存が可能なため、
文化遺産や公文書など後世に残したい
データの長期保存技術用に売り込みたい
考えだ。

 厚さ2ミリで2センチ角の石英ガラス板
に、レーザー光でデータを記憶させ、
光学顕微鏡を使って再生する。

 今回、日立が素材に石英ガラスを使った
のは、1000度で2時間加熱しても耐え
うる耐久性を考慮したためという。

 実際、同社の実験では、1000度で
2時間加熱しても、劣化なくデータを再生
できることを確認したうえ、津波にも
耐えうるとしている。

 一般的な半導体や光ディスクなど現在の
デジタル記録手法は、記憶期間が
10~100年程度と短く、しかも
高温・多湿に弱いなどの欠点がある。

 今回、日立が開発した石英ガラスを
使った保存方法では、最低でも3億年の
保存が可能としている。

 石英ガラスを使った保存媒体のデータ量
は40メガバイトとCD(35メガバイト)
並み。

 ガラス内の記録層を4層と多層構造に
したことで高い容量を実現した。

 日立では最終的には、人間のDNA
(デオキシリボ核酸)の情報量を
収容可能な750メガバイトクラスまで
引き上げたい考えという。

 日立は、情報の記録媒体が紙から
デジタルデータに急速にシフトするなか、
長期保存のニーズが膨らむと判断して
新技術の開発に取り組んできた。

 数億年先まで持つ超長期間の記憶を
可能とした自社の技術を世界にアピール
し、記録媒体関連事業の一段の拡大を
目指す。
---------------------------------------

3億年超保存可能ってすごいですね。
素晴らしい技術だと思います。

でも、保存は問題なかったけれど、
3億年経った時には、
世の中が全然変わっていて
読み出せなかったなんてことに
ならないでしょうね?

3億年先って、そもそも人類が
まだ存在しているのかな?

争いで滅んでいるかもしれない。

人類は争いに忙しくて、
問題だらけですから、心配ですね。

|

« 東大、がん細胞の異常増殖や悪性化の一因となる新規メカニズムを発見 | トップページ | 「環境ホルモン」サルで実験  BPAで卵細胞異常 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55742456

この記事へのトラックバック一覧です: 日立、データ3億年超保存 石英ガラスにレーザーで書き込みクリップする:

« 東大、がん細胞の異常増殖や悪性化の一因となる新規メカニズムを発見 | トップページ | 「環境ホルモン」サルで実験  BPAで卵細胞異常 »