« 東京学芸大、従来とは異なる新たな細胞の浸透圧調節機構を発見 | トップページ | 本当の議論はこれからだ、高次元の「電力システム改革」を目指して »

2012年9月19日 (水)

Apple「A6」の正体はCortex-A9でもA15でもないカスタムコア?

Apple「A6」の正体はCortex-A9でも
A15でもないカスタムコア?

2012/09/17 マイナビニュース

詳細は、リンクを参照して下さい。

興味のある方はどうぞ、

>A6についての詳細はいまだAppleから
>語られておらず、
>ただプレゼンテーションの最中に
>同社のPhil Schiller氏が
>「2x faster CPU」
>「2x faste>r graphics」
>「22% smaller」と述べたのみだ。

quad-core processorではなさそう
ですね。
quad-coreならもっと早くなっても
良さそうな気がする。

よってまだ想像のレベルですが、
この記事にあるように、多分
>A6のコアの正体は「ARMv7命令互換で
>A9でもA15でもないカスタムコア」だ
ではないかと私も思います。


コア部品はSamsungが供給元なんですね。
AppleのSamsungに対するスタンスは
どうなんでしょう?

不思議な関係ですね。
痛し痒しと言うところ。

|

« 東京学芸大、従来とは異なる新たな細胞の浸透圧調節機構を発見 | トップページ | 本当の議論はこれからだ、高次元の「電力システム改革」を目指して »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Apple「A6」の正体はCortex-A9でもA15でもないカスタムコア?:

« 東京学芸大、従来とは異なる新たな細胞の浸透圧調節機構を発見 | トップページ | 本当の議論はこれからだ、高次元の「電力システム改革」を目指して »