« 世界で初めて証明 水素水の摂取で歯周病予防 | トップページ | 113番元素、発見確定=「ジャポニウム」周期表に?―アジア初、理研が3回合成 »

2012年9月27日 (木)

ロームなど、小型・高出力水素燃料電池を開発、2013年の製品化を予定

ロームなど、小型・高出力水素燃料電池を
開発、2013年の製品化を予定

20 SEPTEMBER 2012 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 ロームは、アクアフェアリー、京都大学
と共同で、小型・高出力の水素燃料電池を
開発しました。

 今回開発した燃料電池は、
水素化カルシウムをシート状に固形化した
ものと水を使用し、化学反応により水素を
その場で発生させて発電します。

 体積3ccに満たないシートから、5Whrの
電力を発生させることが可能で、
スマートフォンの充電から
災害用バックアップ電源まで、幅広い用途
で使用できます。

 スマートフォン向けは、カバータイプと、
USB経由で給電するカードケースタイプの
2種類で、それぞれ30gと23gの
専用カートリッジを取り替えて
使用します。

 携帯型発電機として利用できる200Wの
高出力タイプは、カートリッジが750g、
本体が6kg程と軽量で、
アウトドアレジャーや災害などの緊急用途
が想定されています。

 エンジン式発電機のように、二酸化炭素
や有害ガスを排出せずに利用できます。

 さらに、この燃料電池を使った地震計用
大容量電池の開発も進めています。

 今後は、2013年春の製品化を目指して、
市場調査を進める予定です。
---------------------------------------

良さそうですね。
随分小さくなったものです。
価格はどの程度になるのでしょうか?
気になるところです。

ロームの製品情報です。
高効率と安全性を同時に実現した
軽量な固体型水素燃料電池を開発!

ご参考まで、

|

« 世界で初めて証明 水素水の摂取で歯周病予防 | トップページ | 113番元素、発見確定=「ジャポニウム」周期表に?―アジア初、理研が3回合成 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55755956

この記事へのトラックバック一覧です: ロームなど、小型・高出力水素燃料電池を開発、2013年の製品化を予定:

« 世界で初めて証明 水素水の摂取で歯周病予防 | トップページ | 113番元素、発見確定=「ジャポニウム」周期表に?―アジア初、理研が3回合成 »