« 犬と育つ赤ちゃん、感染症かかりにくく 北欧の研究報告 | トップページ | X線検査装置を用いたピーマン用高速ランク選別システム »

2012年8月13日 (月)

ALSの進行抑えるタンパク質 岐阜薬科大のグループ

ALSの進行抑えるタンパク質
岐阜薬科大のグループ

2012/8/13 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 全身の筋力が低下する神経難病、
筋萎縮性側索硬化症(ALS)の進行を
制御する新たなたんぱく質を岐阜薬科大
(岐阜市)の原英彰教授(薬効解析学)
らの研究グループが特定し、13日、
英科学誌電子版に発表した。

 原教授によると、ALSの
発症メカニズムの解明や新薬開発の
手掛かりになるほか、早期診断が期待
できるという。

 研究グループは、マウスを用いた実験
や患者の血清などの調査から、ALSの
要因に「膜貫通糖たんぱく質nmb」
(GPNMB)と呼ばれる遺伝子が
大きく関わっていることを発見した。

 ALSの約1割を占める遺伝性ALS
の原因の一つ
「スーパーオキシドディスムターゼ1
(SOD1)」の変異型遺伝子を
組み込んだマウスにGPNMBを過剰に
増やした場合、増やしていないマウスに
比べて発症時期が遅れ、生存期間が
延びた。
---------------------------------------

良いですね。

>ALSの発症メカニズムの解明や
>新薬開発の手掛かりになるほか、
>早期診断が期待できる
期待したい。

|

« 犬と育つ赤ちゃん、感染症かかりにくく 北欧の研究報告 | トップページ | X線検査装置を用いたピーマン用高速ランク選別システム »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55414013

この記事へのトラックバック一覧です: ALSの進行抑えるタンパク質 岐阜薬科大のグループ:

« 犬と育つ赤ちゃん、感染症かかりにくく 北欧の研究報告 | トップページ | X線検査装置を用いたピーマン用高速ランク選別システム »